リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

マンションリノベーション事例

ナチュラルな住まいに憧れて-年月を経て味わいの出る住まい-

「アンメゾンワールド株式会社」のリノベーション事例「ナチュラルな住まいに憧れて-年月を経て味わいの出る住まい-」

F様邸のLDK風景。W150のフローリングにモルタルのキッチン。

DATA

大阪の豊中市にあるF様邸は、ナチュラルな中にもヴィンテージ感が漂う、こだわりを感じるお宅へとリノベーションされました。何といっても目を引くのは、男性的な力強い印象を与える深い色合いのジャーマンオークのフローリング。通常は幅90mm以下のフローリング板を敷き詰めるのですが、今回は幅180mm、厚さ20mmの重厚なフローリング板を用いました。幅広のフローリングにすることで、部屋を広く見せることもできています。

無垢な状態のものに天然オイルを塗布して仕上げられたフローリングは、オイルでのお手入れを重ねていくうちに味わいを深めることもできますし、削り出して無垢の色を取り戻したり、色味の濃いワックスやオイルステインで色を変えることも可能です。暮らしの変化や住まう人の好みの変化に合わせて表情を変えられるのも、ほかの木材に比べて明るい色味のオークだからできる住まいの楽しみ方です。

また、モルタル×木のオープンキッチンで、どこから見てもナチュラルな住まいになりました。既製品だと寸法や収納の位置が制限されたり、家の雰囲気にはそぐわず統一感に欠けてしまうこともありますが、モルタルで造作することで思い通りのキッチンを実現できました。

ミニマルな暮らしが心地よいと感じられるような空間に

どこを見回しても、シンプルでミニマルな空間。家じゅうの照明さえも「裸電球」を取り入れ、無駄を省きつつおしゃれな住まいを演出しています。裸電球は、灯りとしての役割だけでなくインテリアとしての役割も果たしています。昔ながらのフィラメントが見えるタイプの裸電球を選ぶと、蛍光灯や白熱灯とは違ったレトロな光を楽しめます。夜、レトロで温かみのある光で照らし出される無垢のオークの木目には癒されます。日中とはまた違った雰囲気の中で過ごすことができます。

★リノベりすコメント★フローリングを工夫することで、飾りがなくてもセンスを感じる住まいに仕上がっています。新しい住まいなのに長く住んできたような印象なのは、ジャーマンオークの風合いによるもの。さらにそれが年月を経て味わいが出てくるのが楽しみです。

【設計・施工 アンメゾンワールド株式会社】流行に左右されない、ナチュラル感あるキレイめな空間づくりが得意この会社のプロフィールページを見る

アメリカン、アンティーク、ミニマル、オーク材、ヴィンテージ、リノベーション

アメリカンテイストなオーク材でできたドアはアンティークな雰囲気ながら男前な佇まい。家じゅうの照明はすべて裸電球で統一されています。ここにもヴィンテージ感を出すこだわりが見えます。

ジャーマンオーク、無垢フローリング、乱尺張り、リノベーション、オーク材

木のぬくもりを感じるジャーマンオークのフローリングは乱尺張りでさらに素材の風合いが生かされています。今では手に入りにくいドイツのW150を使用することで重厚感のある贅沢なものとなっています。

モルタル、造作キッチン、オリジナルキッチン、リノベーション、ヴィンテージ、シンプル

モルタルで造作された日当たりのいいキッチン。キッチン正面の窓はブラインド式を採用しました。開閉角度で風を調節し、外からの視線もカットし、まぶしさの軽減ができる優れものです。

洗面台、サニタリールーム、バスルーム、脱衣所、モルタル、リノベーション

水回りスペース。キッチンと同様、天板はモルタルで造作しました。幅広く造られた洗面台は、朝、家族がそろって使っても余裕があります。余裕を持たせたスペースは家事動線としても優秀です。

土間、玄関、エントランス、玄関土間、玄関収納、靴収納、リノベーション

広く取られた玄関土間はフラットで広々とした空間に。趣味のロードバイクも実用品ながらディスプレイのように置いておけます。

MATERIAL

床:オーク材

この事例のリノベーション会社情報をみる

アンメゾンワールド株式会社

流行に左右されない、ナチュラル感あるキレイめな空間づくりが得意

対応エリア

京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県

この会社のほかのリノベーション事例

関連するリノベーション事例

もっと見る