リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

リライフプラス掲載

マンションリノベーション事例

個室をなくして光と眺望を生かし、水回りも快適なワンルームに

積水化学マルリノ (設計・施工)

「積水化学マルリノ」のリノベーション事例「個室をなくして光と眺望を生かし、水回りも快適なワンルームに」

南向きの窓から明るい日差しが入るLDK。隣接するサンルームとの間にはガラス入りの建具、さらにカーテンも取り付け、用途に合わせて使い分けができる。

DATA

間取り図

リノベーション前の間取り

リノベーション後の間取り

浅草駅からほど近い、昭和30年代に建てられたマンション。この家はAさんの両親が購入し、社会人になるまで過ごした実家でもある。子どもたちが独立し、父親が亡くなり、母親が一人で暮らしていたが、冬の寒さによるヒートショックや結露によるカビなどの心配が多かったため、賃貸住宅に移り住んだ。

その後しばらくは近くに仕事場を持つAさんが平日に使う通勤用の仮住まいとして使用していたが、「生まれ育ったこの町で、今の家族がまた集まれる家をつくりたい」という想いが強くなり、リノベーションすることに決めた。断熱や配管処理など、見えない部分も含めて全体を一新できる点に魅力を感じ、セキスイにリノベを依頼した。

南向きの窓を存分に生かした明るく伸びやかな空間

リノベーションのメインテーマは3DKに細かく分かれた間取りを大きなひとつの空間にすること。南向きの窓を存分に生かすため、LDKとゆるやかにつながるサンルームを設け、また寝室とその先のWICとの間にも建具はつけず、家中をぐるりと回遊できる動線を確保した。

こうして築50年のマンションは、南向きの窓からの光と、隅田川を望む豊かな眺望を生かした快適な住まいへと生まれ変わった。「また昔みたいに大勢人を呼んで、にぎやかな家にしたい」とAさんは満足そうだ。

【設計・施工】積水化学マルリノ 動線や収納、バリアフリーなど目に見える使い勝手の向上だけでなく、熱(断熱)・音(遮音)・水(配管)など目に見えない部分も更新し、「住み心地」まで再生。セキスイ独自の熱・音・水をコントロールする「Refilld工法」も魅力。この会社のプロフィールページを見る

収納

デスクや収納を造り付けにすることで、スペースを有効活用。木目の美しいブラックチェリーの突板を使用しており、杉の床とも好相性。

LDK、夜景

夜はしっとりと落ち着いた雰囲気に変わるLDK。国産の杉無垢材の床は足触りもよく、幅広のものを使うことで空間に落ち着きをプラス。

サニタリースペース

潔く浴槽をあきらめてシャワーのみとし、サニタリースペースを拡大。以前浴室に置いていた洗濯機はバルコニーに移動させ、脱衣スペースを確保。

ベッドルーム

寝室には建具をつけず、LDKとゆるやかにつなげた。南向きの窓からの光が届いて明るく、LDKまで視線が抜けて、より広々と感じられる。

サンルーム

隅田川やスカイツリーを一望できる窓際の個室をサンルームに。LDKとはガラス入りの建具で仕切ることで、より広がりが感じられる。

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション後

このリノベーション事例のタグ

この事例のリノベーション会社情報をみる

積水化学マルリノ

まるごとリノベで、もう一度、新しい住まいへ

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

この会社のほかのリノベーション事例

関連するリノベーション事例

もっと見る