リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

マンションリノベーション事例

ひるのひかり、よるのあかり

設計 リノベーション会社「青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室」ロゴ 青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室

「青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室」のリノベーション事例「ひるのひかり、よるのあかり」

照明の工夫で雰囲気良く仕上がったリビングダイニング。壁や造作家具に組み込んだ間接照明は白い壁に光を反射させることで、美しい光のグラデーションを生み出しています。

心地よい住まいに求めるもの、それは暮らしやすい間取り、そして、気持ちの良い光環境。今回のリノベーションでは「ひるとよるのあかり」が美しく整えられ、時間の流れによる光の変化までもデザインされた住まいが完成しました。

写真:石田 篤(IPS)

青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室

モダン過ぎない、木が多過ぎない、絶妙なバランスの美しさと心地良さを実現

子どもがのびのびと動ける「回遊動線」、家事の作業効率もアップ

低層マンションの最上階、窓から緑が望める抜群の環境のもと計画されたリノベーション。
二人のお子様がのびのびと過ごせる空間を実現するため、3LDKの間取りを1LDK+ランドリースペースに変更しました。取り除くことができなかった長い構造壁を生かし、壁をはさんで住まいの機能を南北に分けることにしました。 
南側のリビングダイニングは一つの空間とし、家族のくつろぎのスペースに。この家独特の水平に広がるパノラマを楽しむことができます。また、北側に水回りとランドリースペースをまとめたことで、家事動線が短くなり効率もアップ。小さなお子様がいる家には欠かせない機能性にも考慮されています。 この壁のまわりをお子様がぐるぐる駆け回れるよう、間仕切りは設けず、のびやかで暮らしやすい住まいとなりました。

明るめの木の色とオフホワイトで構成されたシンプルなリビングダイニング。カーテン越しのやさしい光が部屋を彩ります。

廊下からダイニングを見たところ。センスのいいダイニングチェアのたたずまいが素敵です。廊下を進むとランドリースペースへ。

光の美しさにこだわったリビングダイニングで昼も夜も心地よく

リビングダイニングの間仕切り壁を取り払ったことで水平に広がる眺めをどこでも楽しめ、室内にも十分光が取り込めるようになりました。窓から差し込む光は場所や時間によって変化し、真っ白な壁に陰影をつくりだしていきます。
日が高い間は窓から見える緑に光があたり、風景をそのまま絵画のように見せてくれます。夜の時間は、こだわりの照明が空間をより洗練されたものへと引き立てます。選びぬいた照明は、家具やTVの配置に合わせて光を分散し、心身ともに癒される空間を演出しています。
目を引くのは造作家具に組み込まれた間接照明。水平ラインを引き立て、広がりを感じさせる効果も。光が白い余白のある壁にやわらかく反射し、光のグラデーションが全体を包みこむ美しい空間になりました。

造作家具に組み込んだ照明で、ギャラリーのような洗練した空間。部屋のコーナーにはフロアライトを置いてフォーカルポイントに。

そのほかの画像を見る

可動式の間仕切り引き戸で、簡単にパブリックとプライベートを切り替えることができる仕掛けです。

普段は引き戸は開けて、広々空間を堪能します。インテリアに合わせた木製のケーシングがマッチしています。

長い壁に沿って作られた造作の収納棚。間接照明を取り付けることで洗練された空間演出をします。

間仕切りの引き戸は壁の色と合わせたホワイトをセレクト。閉めても圧迫感がありません。

キッチンの並びにカウンターテーブルを設けました。ご夫婦の書斎として、お子様の学習机としても活躍しそうです。

ナチュラルカラーのシンプルなキッチン。背面のオープン棚は使いやすく、たっぷり収納できます。

フローリングは落ち着いた色味で、節目がいい味わいを出しています。ラフすぎず上品な空間に。

長い廊下のつきあたりにあるランドリースペースに灯るあかり。日常のちょっとした景色が絵画のような雰囲気です。

ファミリークローゼットも兼ねたランドリースペース。干す、しまう、という作業がこのスペースで済ませることができます。

昼間には窓からさわやかな風と心地よい光がたっぷり取り込めます。家事の合間にカウンターでちょっとお茶を飲むのも気持ちがよさそうです。

無印の収納ケースに合わせて作られた収納棚。家族の衣類はすべてここで管理されます。特製のポールも使い勝手抜群で忙しい日々をサポートします。

リノベりす編集部コメント

子育てしやすい広々としたリビングダイニングは、昼は明るい光が降り注ぎアクティブな印象ですが、夜は照明が生み出す、なだらかな陰影でくつろいだ雰囲気に変化します。家事動線を整理した「家事ラク」の提案も見逃せないポイントですね。

Data

所在地: 川崎市
家族構成: 夫婦+子ども2人
築年数: 33年
延床面積: 71.79㎡
設計: 青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室
施工: ミキホーム

※青木律典建築設計スタジオは株式会社デザインライフ設計室に社名を変更致しました。

建築家ならではの繊細なデザインと設計が魅力。
モダンで美しい家に憧れるけれど自分には住みこなせないと思ってしまう方、木をふんだんに使用した家はぬくもりがあってやさしいけれどどうもしっくりこないと感じてしまう方は、モダン過ぎず、木が多過ぎない、絶妙なバランスを実現する青木律典さんに相談しては。

リノベりすからの資料請求/イベント申込でもれなくリライフプラスバックナンバープレゼント!

さらに100万円以上のご成約で1万円分のAmazonギフト券プレゼント!!

※資料請求やお問い合わせは姉妹サイトSUVACOへリンクします。SUVACOについてはこちら。

関連するリノベーション事例