リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

戸建リノベーション事例

上下階の間取りを逆転!明るいリビングを叶えたスケルトンリノベーション

株式会社駿河屋 (設計・施工)

「株式会社駿河屋」のリノベーション事例「上下階の間取りを逆転!明るいリビングを叶えたスケルトンリノベーション」

階段を上がり、目の前に広がるのは、ナチュラルな素材に囲まれたオープンなLDK。床暖房対応のヒノキの床や珪藻土の壁など、すみずみまで素材感を生かしています。

日当たりのよい2階にLDKを設けるため、上下階の間取りを逆転。既存の間仕切りを取り払い、躯体だけを残して、一からプランニングをしています。機能的でのびやかな間取りに変わり、家族に寄り添う住まいになりました。

DATA

間取り図

リノベーション前の間取り

リノベーション後の間取り

株式会社駿河屋

創業1657年。こだわりの天然素材の家を五感で感じてもらうための「宿泊体験型モデルルーム」も好評

対応エリア
埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

間取り一新、リビングダイニングを2階へ

東京の下町に暮らすFさんファミリー。これまで、1階のリビングダイニングは、昼間でも照明をつけないと暗く、風通しも十分ではありませんでした。一方、2階は南面にバルコニーやコーナー出窓があるため、比較的日当たりが良く、4方向の窓が風の通り道になり、空気の流れが確保できそうです。
そこで、上下階の間取りを逆転し、リビングダイニングを2階に移動するリノベーションを実施。1階には寝室や子ども部屋、クローゼットなど、それほど採光が必要ない部屋を配置しています。あわせて、二重窓を始めとする断熱改修をおこない、快適性をアップ。さらに心地よい暖かさを感じられる床暖房も取り入れ、冬の寒さを改善しています。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、和モダン、コーナー障子

コーナー出窓を生かして、和の要素を加えたダイニング。もともと愛用していたダイニングテーブルは、空間に合わせてリメイクされています。無垢の上質な家具は、時代や用途によってアレンジができることも魅力です。

自然素材から心地よさが伝わる、くつろぎのスペース

明るく開放的、晴れやかな雰囲気の2階。壁やドアを少なくし、元は和室と2つの洋室だったスペースをほぼワンルームのLDKにすることで、広さと日当たりを得ています。家族が長い時間を過ごすリビングは、天井板を取り払って、勾配天井に。年月を経た梁は、インテリアの一部として、空間にリズムをもたらしています。また、新たな仕上げ材には、天竜杉やヒノキ、北海道産の珪藻土など厳選された自然素材をふんだんに使用。本物ならではの安心感と手触りが、心地よい空間をつくり上げています。
そんなリラックスできる部屋の片隅に、子どものための譜面台を並べました。バイオリンの音色が、温もりのある素材と響き合い、家でのレッスンが楽しくできそうです。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、梁あらわし、ナチュラルインテリア、自然素材

2階に移動したことで、LDKの奥まで太陽光が差し込みます。昼間は照明に頼らず暮らせるように。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、オープンキッチン、キッチンカウンター、窓ありキッチン

以前は1階の閉鎖的なキッチンでしたが、いまは、爽やかなオープンキッチンに。子どもの様子が見守れるのも安心です。

そのほかの画像を見る

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、和モダン、和ダイニング、腰高障子

ダイニングには障子を組み込み、和のしつらえを楽しんでします。グリーンを飾って潤いをプラス。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、和ベッドルーム、杉フローリング、通し柱

1階に移動した寝室は、落ち着いた雰囲気。眠りの質を重視して、ベッドを2台並べたツインタイプに。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、ウッディ子ども部屋、木のインテリア、自然素材

2つの子ども部屋は、クローゼットと本棚で間仕切り。防音にもなり、勉強に集中できます。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、ウッディ子ども部屋、木のインテリア、自然素材

木のぬくもりが感じられる子ども部屋。寒さ対策で、二重窓を設置しました。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、書斎1.5帖、こもり感、ワークスペース

1階に設けたコンパクトな書斎。書類や本が取り出しやすく、こもり感が心地よいスペースです。

戸建リノベーション、株式会社駿河屋、玄関タイル、カラフルタイル、玄関収納

玄関は土間を広げ、大容量の収納をつくっています。来客時には、扉を閉めてスッキリと。

リノベりす編集部コメント

家族いこいの場リビングダイニングを、2階に移動したことで、日当たりや風通しが大きく改善されています。家は変えていないのに、暮らしの質がグンと上がりました。まさにリノベーションの醍醐味かもしれませんね。

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション後

MATERIAL

床:静岡県天竜杉(新月再罰・天然乾燥)ヒノキ(床暖房対応:リビングダイニング)、タイル(玄関)コルク(キッチン、洗面室)
壁:北海道稚内産珪藻土
天井:布クロス
屋根:ガルバリウム鋼板

INSTRUMENTS

トイレ:TOTO・ネオレスト(1階)、Panasonic・アラウーノ(2階)
キッチン:クリナップ・クリンレディ
玄関ドア:LIXIL

この事例のリノベーション会社情報をみる

株式会社駿河屋

創業1657年。こだわりの天然素材の家を五感で感じてもらうための「宿泊体験型モデルルーム」も好評

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

この会社のほかのリノベーション事例

もっと見る

関連するリノベーション事例

もっと見る

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

勾配天井をマンションリノベで実現。最上階のメリットを活かした住まい。

料理好きの妻は「1日中キッチンにいます!」と嬉しそう。眺望が気に入って購入した物件は、勾配天井にロフトといった最上階ならではの特権によって大きく生まれ変わりました。