リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

《リノベのトレンドvol.1 》トイレは派手に、大胆に!?

リノベの最新情報

「リノベの最新情報」の「《リノベのトレンドvol.1 》トイレは派手に、大胆に!?」

左 設計:ブルースタジオ、右 設計・施工:nu(エヌ・ユー)リノベーション

ブルースタジオ

設計・施工:フィールドガレージ

設計・施工:アートアンドクラフト

設計・施工:リノキューブ

設計・施工:夏水組

施主によるDIY

設計・施工:nu(エヌ・ユー)リノベーション

nu(エヌ・ユー)リノベーション

家族で過ごす時間が長いLDKはシンプルなのに、トイレは壁にビビッドな塗装やクロスを取り入れているというお宅、結構多いです。撮影では、まず最初に室内をひととおり見せてもらうのですが、トイレのドアを開けてびっくり、という場面もよくあります。カフェなどの飲食店でも、トイレはお店の雰囲気を左右するため、インテリアにも気合いが入っていますよね。

トイレが派手な理由は、やはり面積が少ないので冒険しやすいから、なのではないでしょうか。ビビッドな壁にはパンチのある照明が、またよく合います。マンションの場合、トイレには窓がないことが多いので、照明による美しい影を楽しむのも大いにアリです。

また、水回りがリフォーム済みだったり、築浅でまだ使える場合は既存の便器を生かすケースも多いのですが、便座だけを木製のものに交換するだけでも大きく雰囲気が変わります。トイレットペーパーのホルダーやタオル掛け、手洗い器などのパーツ類も様々なバリエーションがあり、ネットで探して施主支給する方も多いようです。

DIYにトライするのにもトイレはおすすめ。実際、トイレの壁をDIYしました、とちょっぴり得意げにお話してくださるお施主さんも最近増えています。

LDKはシンプルに仕上げて家具や雑貨で個性を出し、トイレは派手に、大胆に。そんなギャップのある空間はリノベだからこそ、と言えるのではないでしょうか。
<文・リライフプラス編集部>

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例