リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

花のある暮らし

リノベの最新情報

花を飾るときはリラックスして。ラフに仕上げても素敵です。

 

出典:k_green02さん

 

四季を感じ、暮らしに彩りをあたえてくれる花。より心豊かに暮らしたいとき、花は欠かせない存在だと思います。でも「じゃあ花瓶を買わなくちゃ!」「キレイに飾れる自信がない…」と慌てなくても大丈夫。花と日常的にうまくつきあっている人は、日々の暮らしの中に「さりげなく」花をとりこんでいます。

飾る花はシンプルに

ブーケを飾るのも素敵ですが、気軽に季節の花を1本ずつ空き瓶に飾るのも絵になります。花器のデザインもあえてバラバラにして高さや色にも変化をつけるとリズムが生まれてもっと魅力的に。花の色合いをグラデーションにするとセンス良く見えます。

スカビオサやすみれという和花とブルーベリー、ナンキンハゼの実を合わせてやさしいグラデーションに。

 

出典:k_green02さん

同じ種類の花だけをまとめて飾るのもシンプルで見栄えよくおさまります。ある程度ボリュームがでるので、まわりのインテリアにも馴染む色の花を選ぶと相乗効果でより素敵に。

黄色いミモザにはブルーのテーブルクロスを合わせて。花の色が一際引き立ちます。

 

出典:ooo.akiko.oooさん

おもてなしの花を玄関に。自分にも、友人にも。

玄関にお花があると、暮らしへの愛情が感じられます。疲れて家に帰ったとき、友人が遊びに来てくれたとき、玄関のドアを開けた瞬間、フワッと花の香りがする。思わず深呼吸をしたくなるような、瑞々しい香りは、素晴らしいおもてなしに。

大輪のシャクヤクのブーケは、華やかな色だけでなくさわやかな甘さの香りにも癒されます。

 

出典:ooo.akiko.oooさん

小さなスペースには小さな花を。1輪でも十分です。

清々しい美しさのトルコキキョウは、一年中楽しめる花。"よい語らい"という花言葉もおもてなしにぴったり。

 

出典:trim___さん

花もメニューのひとつに加える

お料理をならべるように、ダイニングテーブルにも花を飾って。花の存在が料理を引き立てて、もっとおいしく感じられるはず。ただし、あまり香りの強い花は要注意。ダイニングに飾る花はお料理の匂いを邪魔しないものを選んでください。

主張しないものの、上品な雰囲気のかすみ草とユーカリ。シンプルな朝食も豊かに。

 

出典:k_green02さん

色鮮やかなサラダは花と相性抜群。見ても食べても華やかで、ココロもカラダもリフレッシュして元気がでそう。

アボガドといんげんのグリーンサラダにはやわらかいピンクとパープルのローズ

 

出典:mayu_sorcerykitchenさん

清々しい花の香りで目覚める

朝起きて一番に見るものと、寝る前に最後に見るもの。それがキレイな花であれば一日のはじまりと終わりが素敵なものに。寝室にこそぜひ花を。瑞々しい花の香リで目覚めた朝はきっと特別です。

鎮静作用のあるさわやかなラベンダーの香りは寝室にぴったり。

 

出典:grace20120616さん

オリエンタルリリィで部屋中が贅沢な香りに。

 

出典:trim___さん

色と香りに癒されてメイクをする

女性にとってメイクをすることは、自分を美しく装うこと。メイクをする場所に花があると、いつもより少しだけ丁寧にメイクがしたくなります。さらに花の色や香りで気分があがって明るい気持ちに。花のチカラを借りて女性らしさをあげましょう。

夏らしい色合いのブーケをあえてばらして飾る。黄色のオンシジウムと青のミヤコワスレがさわやか。

 

出典:n_____ieさん

白いトルコ桔梗を洗面台に飾ったら、いつもよりちょっとやわらかな雰囲気に。

 

出典:ayy.absさん

 

自然が少ない都市部に住む人にとって、家に花を飾るだけでなく、植物を育てることもささやかながら大きな癒しになります。ベランダや庭で植物を育てるだけでなく、背の高い観葉植物や小さな多肉植物を室内に取り込むことで、住空間をより豊かなものに。植物のある暮らし、はじめてみませんか?


暮らしにうるおいを。「植物と暮らす」の事例をみる

人気のリノベーション事例