リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

【どこまでできる?DIY】DIYマイスター・漆原さん(3)材料&道具

リノベーション・ゼミナール

すべてプロにおまかせ、ではなく積極的に家づくりに関わりたい! そう考える人が増えています。中古×リノベと相性のよいDIYと施主支給を取り入れて、楽しみながら自分らしい空間をつくり上げたお宅をご紹介。DIYガイドその3。
 
pink.line

diy3

pink.line
 
DIYしてみたいけど、何から揃えていいか分からない…、という初心者向けに、漆原さん的「三種の神器」をはじめ、オススメ&使える材料と道具を教えてもらいました!

 

【漆原的DIY 三種の神器】

写真上はエルアングルライト&ミニ。材料を安全に、まっすぐにカットするために欠かせない治具(部品や工具の作業位置を指示・誘導する工具の総称)。「大小あるとよりベストです」。左下はインパクトドライバー+フレキシブルシャフト。「カドやキワなど、ビスを打ちにくい場所でもラクにできます」。安価で扱いやすい2×4 材用のスケール(木材の上)。以上の3つが漆原さん的「三種の神器」。「2×4 材は面取りしてあるので角が丸くて扱いやすく、初心者にオススメの材料です」
 
_1DX0157

 
_1DX0149
 

<フレキシブルシャフトがあればカドやキワでもラクにビスが打てる!>

 
 

ブライワックス

どんなモノでもアンティーク&ヴィンテージな質感に仕上がる、DIY好きにはお馴染みのブライワックス(左)と、同じくブライワックス社の水性ステイン「WOOD DYE」。「素材は安く、塗料はいいものを、が僕のモットー。WOOD DYEは水性だから扱いやすいし、木目のグラデーションがキレイに出るので大好きです。木材にキズをつけてダメージ加工した部分に塗るとジュワッと染みて、なんともいい風合いが出るところも気に入っています」
 

_1DX0167
 

_1DX0032
 

<どんなモノもアンティーク&ヴィンテージな質感に仕上がる>

 

 

電動ルーター

最近購入したという電動ルーター(回転を利用して、専用の刃物で木材の面取り・ホゾつくり・溝切り・切断などをするための工具)。「これがあると急に腕が上がったような気分に(笑)。中級者がスキルアップするのにおすすめかも」。写真下段は、家具のDIYキット「MaKeT」で購入、製作したベンチ。ブライワックスで仕上げてひと手間かけているのはもちろんだが、脚のシルエットにも注目!「 米軍家具にヒントを得て、角をルーターで面取り。これだけでグッとカッコよくなるんです」
 

_1DX0169

 

_1DX0141

 

<中級者向け。仕上がりがグッと上質に>

 

<リライフプラスvol.20掲載>

 
 
 
【どこまでできる?DIY】DIYマイスター・漆原さん(1)スペシャルインタビュー
【どこまでできる?DIY】DIYマイスター・漆原さん(2)プロダクツ紹介!
【どこまでできる?DIY】DIYマイスター・漆原さん(3)材料&道具

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例