リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

《リノベのトレンドvol.10》ゴージャスにしてもシンプルにしてもDIYしても。タイルって楽しみ方無限大!

リノベの最新情報

「リノベの最新情報」の「《リノベのトレンドvol.10》ゴージャスにしてもシンプルにしてもDIYしても。タイルって楽しみ方無限大!」

設計 Ar.K一級建築士事務所

設計・施工 エキップ

設計・施工 プロポライフ

設計・施工 STANDARD TRADE.

設計 ブルースタジオ

設計・施工 SHUKEN

施主によるDIY

様々なサイズ、色、テクスチャーのものがあり、宮殿?のようにゴージャスにすることもできるし、ホテルのようにシンプルで大人っぽい雰囲気にすることもできるタイル。最近は水まわりだけでなく、エントランスやLDKなどに取り入れるお宅も増えている気がします。バリエーションの豊富さと、クラフトっぽさというか手仕事感というか、そのあたりがタイルの人気の理由なんじゃないかと思っています。独特のサイズと質感が魅力のサブウェイタイルも人気ですよね。

 

メインカットは男性シングルのお住まいで洗面、バス、トイレが1か所にまとめられたいわゆるスリーインワンスタイル。ここでは1カットしか掲載できませんでしたが、トイレや洗面まわりは黒をベースにした凝ったタイル使いでまたカッコいいのです。白とゴールドの組み合わせが宮殿っぽい?ブルースタジオさんの施工例は、よく見ると何種類もの白いタイルが組み合わせられていて、またゴールドの取れ入れ方も絶妙なバランスで、タイルの楽しさに目覚めたお宅の1つです。「白タイル×黒目地」がかっこいいプロポライフさんの施工例は、オーナーさんの大好きな原美術館からヒントを得たそうです。黒い目地って見た目もシャープだし、汚れが目立たなそうなのもいいですよね。

 

アートを飾るような感覚でポイント的にタイルを取り入れるのもアリで、エキップさんの施工例はオーナーさんが以前メキシコにお住まいだったこともあり、メキシカンタイルをどこかに使いたい、というリクエストを受けて廊下の壁面収納の建具に取り入れたそうです。タラベラ焼きっていうそうです。DIYでタイルを貼りました、という方も最近は増えてきていて、白地にピンクで「福」と大きく描かれた浴室の床はオーナーさんによるDIYなのです。すごい力作ですよね! ご紹介したいタイル使いのお宅は、まだまだたくさんあるので、第2弾、もしかしたら第3弾もお届けするかもです!

 

(写真下段・左)LDKをできるだけ広く。その分寝室は最小限の広さに | 設計:ブルースタジオ

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例