リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

サンタクロースに暖炉を頼む?

テーマ:日々の暮らし

150804_0020

今年も残すところあと2ヶ月。
街がクリスマス一色に染まるまでもうすぐです。

 

煙突から入ってくるとされるサンタクロースは、
暖炉の少ない日本でも例年しっかり
仕事をしてくれているようです。

 

暖炉は一般的に、薪を燃やすので、
煙を外に排出するのに煙突が必須なのですが、
時代は下り、煙突の必要のない暖炉があるのはご存知でしょうか?

 

150804_0016

150804_0013

燃料はバイオエタノール。
実際に点灯した様子を見てみると
炎が形を変えながら揺らめく様に思わず見とれてしまいます。

 

仕組みはものすごくざっくりと喩えると、
「おっきいアルコールランプ」とでもいいましょうか…。
もちろん炎なのでかなり暖かいです。

 

テーブルの上のキャンドルの炎の動きをついつい眺めてしまうように、
ソファに深く腰掛けて、炎のダンスを眺める時間を楽しむ…。
なんとも上質な時間の過ごし方でですね!

 

考えてみれば、エアコンは夏場の冷房の為に標準で備えているので
暖房も機能だけを考えればエアコンで十分、
それ以外の魅力がないと物足りないですものね。

「実際どんな様子なの?」をEcoDecoの事例からご紹介すると…、
写真 2015-09-19 9 01 03

EcoDeco初の戸建リノベーション!〜遂に完成。before/afterで振り返る_1〜

 

EcoDecoの事例でご紹介しているのは家具に埋め込むタイプですが、
ソファーの脇等に置けるような
コンパクトなサイズのもの等、様々なラインナップがあります。

150804_0019

400角ほどのコンパクトなタイプ。暖かい空気は上に抜けるので、ソファにかなり近づけて置くことができる。

この冬のクリスマスには、
サンタクロースに暖炉を頼んでみる、
というのはいかがでしょうか?

 

メーカーのwebサイトはこちらから
ecosmart fire

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-10-21 23:25 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!