リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

リノベの1年後はどうなる?


こんにちはokanoです。
毎日暑いですね〜。皆さん熱中症にはお気を付け下さい!
この時期、空き室の内見は部屋の中もムッとしていることが
多いですが、そんなことに負けず良い物件を探して行きましょう!
さて、先日1年点検を行いましたのでご報告。
弊社は引渡から1年経った後、現場監督と一緒にお部屋の状況を
確認しに訪問することになっています。
ですので、今回の物件はちょうど1年前の夏に引渡を行った
思い出深い物件なのです。
引渡の際は、、、、


当然ですが何もない状態。
床と本棚の色の差もほとんどありませんでした。

それが、暮らしはじめて1年経つと、


こんな感じです!

床はオイルと日焼けによって少し飴色のようなアジがでてきており、
本棚との色の差もハッキリしてきました。
もちろん本棚には本が入り、背表紙の色が良い感じに部屋のアクセントに
なっていて雰囲気づくりにすごく一役かっております。
やっぱり本棚がバシッとあるのはいいですね〜。

1年点検の結果は特に大きな問題もなく、無事終了しました。

皆さんの参考になりそうなコトと言えば、モルタルかな?と思いますので、
写真を一枚。

玄関の床はモルタル仕上げにしているのですが、モルタルにはクラックが
宿命といっても過言ではありません。
今回もキレイに入っていました。

でもこれがモルタルらしくて逆に良かったりするんですよね〜。

S様、これからもステキに暮らしを楽しんでください!

okano

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-08-05 11:42 author:ecodeco

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

築47年の中古をフルリノベ。柔らかインダストリアルが新感覚な住まい。

決めなければいけない事が多く心が折れそうになった時、何より楽しむ気持ちを思い起こしてくれた依頼先の担当者。Kさんのこれからに寄り添い二人三脚で築いたリノベーション物語。