リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

リノベーションの現場から

青木律典建築設計スタジオ代表・青木律典がリノベーションの現場から
リアルな情報をレポートするオフィシャルブログです。

>ブロガー情報を見る

リノベレポート2(大阪編)

テーマ:現場

前回は下地工事についてお伝えしました大阪のリノベーションです。

 

今回は下地工事の続きと内装工事をレポートします。

 

写真は前回つくった骨組の上に石膏ボードを貼って壁をつくっているところです。

 

天井も同じように下地を組んだ上に石膏ボードを貼ってつくります。

 

この作業が進むといっきに部屋という感じになりますね。

 

(表面が黄色の板状のものが石膏ボードです)

 

03

床の下地はコンクリートの躯体の上に遮音の床下地を設置します。

 

マンションによっては遮音等級を指定しているところもありますので

 

その場合は管理規約に合ったものを選定する必要があります。

 

このマンションでは床下地について指定がなかったのですが

 

やはり「音」は気になりますので(後から変更しにくい部分なので)

 

弊社では遮音の床下地を出来るだけ使うようにしています。(写真下部分)

 

04

遮音の床下地の設置が終わると仕上材を張っていきます。

 

メインのLDKの仕上材はオークの無垢フローリングを選定しました。

 

さらに低温式床暖房も採用しているのでフローリングの下に床暖房のマットを設置します。

 

(この様子は後日お伝えします)

 

この後は仕上工事が始まります。仕上げとひと言で言っても色々ありますので

 

次回はそのあたりをレポートしていきます。

 

青木律典建築設計スタジオ / 青木律典

 

https://renoverisu.jp/company/p/norifumiaoki_studio/

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

築47年の中古をフルリノベ。柔らかインダストリアルが新感覚な住まい。

決めなければいけない事が多く心が折れそうになった時、何より楽しむ気持ちを思い起こしてくれた依頼先の担当者。Kさんのこれからに寄り添い二人三脚で築いたリノベーション物語。