リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

全部横の家

テーマ:日々の暮らし

先日不動産チームの内見に同行した際、気持ちの良いつくりの物件がありましたので、ご紹介します。

image

一般的な間取りですと、PS(パイプスペース)と呼ばれる上下階を貫く、配管のためのスペースが部屋のどこかに設けられている場合が多いです。

 

その部分は動かすことができなかったり、点検口を設けなくては、ならなかったりと、リノベーションの際にレイアウト上の制約として現れてきます。

 

パイプスペースについて詳しくはこちら
〈ビギナーのためのリノベーション講座〉内見時の7つのチェックポイント_その3

 

この物件では、訪れる前に販売図面を眺めていても、どこにもそれらしきスペースがなく、押し入れの中にでも入っているのでは?と推測していました。

 

そして、当日。
押入れを開けてもやっぱりPSが無いんです。

 

直床なので、床下で排水している訳でも無さそうです。

直床について詳しくはこちら
〈ビギナーのためのリノベーション講座〉内見時の7つのチェックポイント_その2

 

そこでそれぞれの配管を辿っていくと、全ての配管が、共用廊下に向かって横に伸びています。

 

 

image

トイレも

洗濯機も排水の勾配をとるためでしょうか、高さが上げられています。

 

image

 

 

全ての給排水、排気が、玄関脇のメーターボックスの部分で、行われているようです。

 

image

 

 

 

ということは…、どいうことか?と言いますと…。

「水回りを集めてある=残った居室側は間仕切りを兼ねた収納で仕切られているだけ」

 

それらを取り除けば、ひとつながりのワンルームとして、両側から光と風が抜ける、心地よい箱が現れて来るのではないでしょうか?
(詳細な図面を見せて頂いた訳ではないので、現時点での推測です。悪しからずご了承ください。)

 

この事例のようにワンルームに近い形で暮らすのが、心地良さそうです。

83_83c83j839383o01b

狭くてもあきらめない子育てハウスの間取りとは?

 

大通りが近いので心配していた音もそれほどではなく、玄関のドアもチェーンを付けて半開きにしているお宅も多く、通り抜ける風で涼がとれるのかもしれません。

 

是非緩やかに仕切って暮らして頂きたいこの物件の詳細は、EcoDeco不動産チームまで、お問い合わせ下さい。

※既に申し込みが入っている際はご容赦下さい。

 

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-08-10 14:06 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!