リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

欲しい暮らしは手に入れよう!——リノベーションスクール@豊島区に参加して(前編)

テーマ:日々の暮らし

写真

はじめに

少し暑さも和らいできましたね。新人のShimadaです。
もう3ヶ月前も前の話になってしまいますが、
私がリノベーションスクール@豊島区に参加してきましたので、
そのレポートをさせて頂きたいと思います!

 

そもそもリノベーションスクールって何ぞや?
と思われる方も多いと思いますが、
簡単に言いますと、一定の短い期間で、
リノベーションを通したまちづくりの実践技術を学べるイベントになります。

(詳細についてはこちらの公式HPを参照:リノベーションスクール@豊島区

 

ただこちらのイベント、
ただの座学のイベントではないんです。

実際に地域に不動産を持つオーナーさんから対象物件を募集し、
その物件の事業プランを3日間かけて練り最終日にオーナーさんの前でプレゼンをします。

そのプレゼンに対してオーナーさんが賛同してGOサインを出して頂ければ、
実際に事業化される流れになっています!

 

今回私はこのリノベーション事業計画コースの参加者として、
豊島区の椎名町にある、「とんかつ屋一平」という店舗住宅を対象に
リノベーション事業案件を同じユニットメンバーと一緒に考えました!

 

この一連の様子について、
私が参加したユニットDを密着取材した記事がありますので、
そちらもご参照ください!

まちづくりの新たな希望がここに!リノベーションスクール@豊島区

 

なぜこのリノベーションスクールに参加したのか

写真-1

そもそもの話ですが、私の参加理由は以下の3点。

 

(1)リノベーションを通した家作りと街づくりを生業にするべく、その経験を積みたい。
(2)リノベーションスクールを通して想いを持った仲間と繋がりたい。
(3)今の自分の仕事の幅を広げる機会にもなれそう!

 

(1)については、将来的に空き家や空きマンション、空きビルなどを有効利用して、
新たな付加価値を作り出す「リノベーション」を、
今後も仕事にしていきたいという思いが背景にあります。

私がEcoDecoに入社したのも住宅の面から
リノベーションの仕事に携わりたかったから。
リノベーションスクールを通して、住宅だけではなく、
店舗やまちづくりという視点でもリノベーションの仕事の範囲を深堀りして
広げたいという気持ちもありました。

 

(2)は一緒にリノベーションを通して面白いことをしていく仲間が欲しい!と想い、
リノベーションまちづくりを通して何か行動を起こそうとしている人たちと
繋がることができれば、という想いがありました。

 

(3)については、今のEcoDecoでの仕事が中古を買って
リノベーションをしたいというお客様に向けて、
物件探しからリノベーションまでのお手伝いするもの。
そのEcoDecoの仕事にまちづくりや空き家活用という視点を通して
新たな視点を与えてくれるのではないかという考えもありました。

 

この3つの理由からリノベーションスクールに参加しましたが、
実際に参加してみると、いくつかのリノベーションというキーワードに
新たな気づきを貰ったように思います。

その話はまた次回話させて頂きます!

(後編に続く)

blog_seminer150620_600_100

update:2015-06-06 16:58 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!