リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

空室の不思議

テーマ:現場

_62A3914

当たり前なのですが、リノベーションという仕事柄
よく住まい手の方が退去された部屋に入ることが多いです。

 

 

例えば計画中のプランを持って解体前の現場で、
改修後の姿を何度もイメージするのは
とても大事にしている時間です。

 

 

ある程度の時間その場所にいるからでしょうか?
何にも無い部屋ではありますが、
かえってかつての住み手の方の痕跡を強く感じることがあります。
例えば、写真をかけていたのでしょうか?
壁紙に四角く日に焼けずに残された跡があったり、
ポツンと残されたほとんど空の香水の瓶であったり、
空の浴槽であったり。

 

 

もちろんフルリノベーションであれば、
全て解体してしまうので
リノベーションが進むとその家はまた
新しい顔になっていきます。

 

 

竣工の際には、
「そういえば解体前にはこうでしたね」と
お客様と思い出話に花が咲くことも。

 

 

大切な思い出の一つになっていくので、
それぞれの個性的なくらしの痕跡も、
なんだか大事なものに思えています。

 

 

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-07-09 23:58 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!