リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

窓周りどうしましょうか?

テーマ:日々の暮らし

現在進行中のお客様の案件で、
「窓周りどうしましょうか?」と話していたので、
選択肢を整理する上で、
改めて考えてみたことをまとめてみます。
今回検討しているのはカーテンとブラインド。

 

ポイントとしては、

 

1.視線をどの程度、どのように遮ればいいか
2.光をどの程度、どのように通せばよいのか
3.断熱等の機能を考えるかどうか
4.人の通行を考えるかどうか

 

という点が上げられそうです。

 

カーテンの場合、
1.視線-(布地にもよりますが、)視線はほぼ遮れる。
2.光-レースだけにしておけば、光は通すけど、
視線はある程度遮るというのもできそうです。
3.断熱-もちろん完全に密閉している訳ではないのですが、
窓直接よりは冷気を感じづらいというのを
体感されている方も多いのではないでしょうか?
4.通行-さっと横に引いてしまえば、すぐに出入りすることができます。

 

窓の横にもっさりたまる姿が気になる…という方も多いかもしれませんが、
上部のレールの部分をかくして仕上げたり、
天井からのカーテンにしたり、
たまる部分をちゃんとつくってあげれば、
仕組みが単純な分、カーテンの洗濯や交換も容易です。

 

天井からのカーテンの例

83_83c83j839383o-1

新築選びは妥協の連続?リノベーションで納得できる住まいづくり

 

もう一つ選択肢に上がっていたのがブラインド。
1.視線-視線はほぼ遮れる。
2.光-羽(スラットといいます)を開いてあげれば、そのままでも
光は入ってきますし、もちろん完全に上げることもできます。
3.断熱-日光を反射する機能を持たせているタイプのものがあるので、
その意味での「遮熱」の効果は期待できそうですが、
冷気を隔てるという意味での断熱の効果は難しそうです。
隙間がいっぱいある薄い金属(または木製)の板…ですからね。
4.通行-上部に巻き上げるのは、出入りの為の高さのある窓の時は大変そうです。
おろす時は、ゆっくり自動で下がるタイプもあるので、気にはなりにくそうです。

 

基本的には上げ下げはしない(出入りがない窓)の場合、
スラットの向きを変えるだけで、
光と視線のコントロールができるので、
すっきり見えるブラインドの特性を活かせそうです。
上げた時のスラットのたたみ代も、
特にウッドブラインドだとかなりの高さになるので、
その点も注意が必要です。

 

とはいえ…、いろいろ制約もあるものの、独特のあたたかな雰囲気には、
抗いがたい魅力のあるウッドブラインドの例。

 

83l83b83608393-1

予算にメリハリを効かせて理想の空間に仕上げる

 

縦方向のブラインドや、ローマンシェード等
その他の窓周りの納まりも改めてご紹介させてください。

 

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-08-26 22:13 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!