リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

壊せない壁

皆さんこんにちは!
鎌倉在住EcoDecoスタッフのNabeです。

 

先日、とある物件の内見をお客様にご案内した時のこと。
その物件はリノベーション済みでの販売が決まっていた為、
内見の時は解体工事の真っ最中でした。

 

スケルトン状態の物件や、解体途中の物件を内見する機会がある場合、
普段では見えない構造やPSが見えているので、お客様にとっても良い機会なんです。

 

20160111_110645

 

こちらの画像は、お風呂を囲っているコンクリートブロックで、
躯体の壁(構造に関わる壁)とは異なりますが、壊すことができません。
このような、水回りがコンクリートブロックで囲まれている間取りは、
昭和40〜50年代のマンションに多く、お風呂はユニットバスではなく、
タイル張りの「在来工法」というタイプのお風呂がほとんどです。

 

20160111_110649

 

こちらの画像のように、バスタブが独立していて、
床や壁はタイル張りの「在来工法」は、団地にも多く見られます。
団地の場合は、画像のように窓が付いている代わりに、
換気扇を設けていない間取りであることが多いです。

 

図面上や現地で分からない、またイメージしにくい場合は、
こういう在庫(過去の事例)を活用しながらご案内して、
お客様のリノベ脳を刺激しながら、理想の暮らしのお手伝いをしています。

 

中古マンションの購入に不安がある方や、リノベーションでお困りの方、
EcoDecoの門を叩いてみてはいかがでしょうか?

 

(Nabe)

 

ご相談はこちらどうぞ!
soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-03-09 09:00 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!