リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

Nabeの気まぐれシリーズ:Vol.1 ロンドンにも団地があるんです

皆様こんにちは!
鎌倉在住EcoDecoスタッフのNabeです。

今日はイギリスに滞在した時のお話をしようと思います。
「とにかくひたすら歩いて町歩きをしてみよう!」そんなテンションで、
バスも地下鉄もタクシーも使わずに石畳のロンドンを彷徨いました(笑)。

そんなテンションもお昼過ぎには意気消沈。。お腹が減っているのに、
飲食店のない郊外エリアを彷徨っていると、目の前に現れた不思議な建物。

20150214_210759存在感のあるタワーに渡り廊下、そして団地っぽい建物。

「まさか団地じゃないよなぁ〜」と思いつつ、
すごく気になりスマホでちゃんと写真は抑えていました。
この日撮影した街の写真は、建物や人、お店のサインなど200枚以上(笑)。
その中でも、特に気になっていたこの建物と思わぬところで再会したんです!

20150227_221455あれ?どっかで見たような。。

そう!まさしくあの”団地っぽい建物”が博物館で紹介されていたのです!!
そして英語がわからないNabeでも理解できる「Public Housing」の文字が(笑)!

「やっぱり団地だったのか〜」と納得していると、学芸員さんがニコニコしながらこちらへ。
「This architecture…」。。。
アイコンタクトと激しいうなづきで、必死にニュアンスを汲み取って、
説明の3割ぐらいは理解できたのですが、まあ団地ってことは間違いないようです(笑)。

1960年代から70年代にかけて、公共の機関がこのような集合住宅を建て始めたのですが、
日本でいう青山、広尾、代官山などの人気、もしくは高級なエリアに多いそうです。

新築の戸建よりも、100年前のアパートの方が家賃が高いイギリスでは、
まだあまり人気はないようで、低層のアパートタイプがダントツで人気だそうです。

戸建よりも、マンションよりもなぜアパートが人気なのか?
その理由は、次回の気まぐれシリーズで解説します!

とにかく、リスニングだけでもいいので、英語をやっとかないと!
と早半年が経っている今日この頃です。。

(Nabe)

blog_case47_600_100

update:2015-11-04 08:30 author:ecodeco

関連記事

休日散歩と緑を感じる団地リノべ
団地マニアをリニューアルしました!
品川の団地で

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!