リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

旗の台リノベーション〜計算されたプライベートスペース〜

 

こんにちは!Natsukiです。

旗の台リノベーションレポ、第3回目です。
》》旗の台リノベーション《《
第1回:〜ブレずに出会った、特別なお部屋〜
第2回:〜躯体現しを叶えたい!〜

今日のテーマは、子供部屋と寝室。
つまり、プライベートスペースですね!

リノベーション前の様子はと言うと…

図面_20160216181105438

もとは和室と洋室だった

もともと和室と洋室で2部屋に分かれていた、プライベートスペース。
ご夫婦の寝室と将来の子供部屋をつくる予定だったため、
個室の数や配置は、このまま進めて行くイメージ。

さらに仕事柄、大きい機材をお持ちだったため、
しっかり量が収まる収納スペースも必要。
和室には、和室ならではの押入があったため、
このスペースも上手く利用して、
2部屋+WICをこのスペースに設けることになりました!

まずは解体!

IMG_1126

和室と洋室を仕切っていた壁がなくなった。

個室の広さを再調整+壁を新しく立てるため、壁を解体し
お部屋が筒抜けで見えるようになりました。
もとの和室側から洋室側をみた様子。
ここに壁が立つと…

Exif_JPEG_PICTURE

寝室と子ども部屋を仕切る、新しい壁が!

白く、綺麗に塗装された壁が立ち上がりました!
将来の子ども部屋と寝室は、現状ゆくるつながっています。
アールの効いていて可愛い。

Exif_JPEG_PICTURE

子ども部屋からも眺望は抜群。明るい光が長く入る。

個室とWICのレイアウトは、
最初の設計プランニング時点で、3つのパターンがあったんです。
WICをもっと広く設けるプランや、
共通のWICを通って、寝室と子ども部屋に分かれるパターンなど。
どれも素敵なプランでしたが
今持っている物の大きさや、家具の配置、将来必要になる物の量など
細かく計算して、何度もプランを練り直した結果、
物の量に合わせたWICと、子供部屋にも収納スペースを設けた現在のプランに決まりました。

2部屋+押入スペース⇒2部屋+WIC
こう書くと、あまり変化が無いように感じてしまいそうですが、
ミリ単位の細かな計算のもとに成り立っているんです。

WICも造ります☆

IMG_1121

Before

和室にあった押入スペースは、WICスペースとして確保。

写真

After

こちらのWIC、写真で見るより奥行きがあるんです。
季節ごとの洋服も、重くて大きな機材もバッチリ。
予め、持ち物の大きさを細かく採寸してあるので、
仕舞いたいものが仕舞いたい場所に、
しっかり収まるような計算になっているんです!
これがオーダーメイドの、そして、リノベーションの醍醐味でもありますね。

どこに何を仕舞うか、誰がどんな風にそこで過ごすのか。
何度も何度も、リアルに「その後の暮らし」を想像して
フィットする住まいは造られるんですね。

(Natsuki)

soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-02-25 23:20 author:ecodeco

関連記事

珪藻土ならなんでも同じは大きな間違い。後悔しない珪藻土の本物を選ぶ肝心なこと2つ
EcoDecoで物件の内見を頼むことのメリットって何?
50代からのマンションリフォーム@eclat

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!