リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

旗の台リノベーション〜水回りを移動させるには〜

こんにちは!Natsukiです。

今日は旗の台リノベーション第5回!

》》旗の台リノベーション《《
第1回:〜ブレずに出会った、特別なお部屋〜
第2回:〜躯体現しを叶えたい!〜
第3回:〜計算されたプライベートスペース〜
第4回:〜物語のあるキッチン〜

第5回は水回り編です。

今回の物件、もともと水回りの位置はこんな感じでした。
図面
洗面室や浴室と離れ、トイレだけがリビング側にありました。
キッチンも広げたいし、やっぱり水回りはまとめたい!
ということで…

701平面図 v2013
洗面所と浴室の近くまで、大移動計画を決行!

ただ、今までEcoDecoブログをご覧頂いている方はご存知かと思いますが、
水回りの移動って、いつでも自由に移動できるというわけではないのです。
なぜなら、水がしっかり流れるように管に勾配をつけなくてはならず、
床を大きく上げなくてはいけない可能性があるから。
okanoの過去のブログも参考に!
物件を読むコツ教えます-vol.3:トイレの位置変更は難しい、、、なぜか?

また上の図をご覧頂くと、キッチン横にPS(パイプスペース)がありますよね。
実はこのお部屋、
洗面、浴室、トイレのなど全ての排水が、このPSに集まっているんです。

ここでのポイントは2つ。
①PSと距離が離れている浴室と洗面所の配管がどうなっているのか?
②位置を移動させることによって、PSと距離が離れるトイレの配管がどうなるか?

こうなっています!⇩

IMG_1120

①浴室や洗面所の配管
フローリングの下のコンクリート床が
配管がある部分だけ窪んでいるのが分かりますか?
そう、コンクリート床の上に配管されていたのではなく、
コンクリート内に管を通すスペースがあったんです。
そのおかげで、もともとのお部屋は浴室と洗面所がPSから離れていたにも関わらず、
勾配のために床を上げる必要がなかったんです。

②トイレの配管
床下の配管スペースには、トイレ用の管を通すスペースはないので、
床上に配管する必要があります。
つまり、トイレの位置を移動させることによって、トイレの配管は
床上でしっかり勾配をつける必要が出てきました。
その結果…

写真 1
ちょっと分かり辛いですが、、、
廊下部分に段差が生まれました!

この段差、最初はどう感じるかな〜?と気にされていましたが、造って良かった!
廊下やプライベートスペースとのメリハリができたんです。

写真 3
ちなみに、トイレはこんな感じ。
床材には、「ボロン」という素材を使用しました。
ビニル素材が編み込まれていて、耐久性や遮音性に優れ
オフィズや店舗にもよく用いられる素材です。
汚れが中に染み込まないか気にされるかもしれませんが
ビニルが強力に編込まれているため、水分をこぼしても染み込んでいくことはなく、
サッと拭き取ることが可能です。
色んな編込み方や色があるので、バリエーションも豊富なんです♪

このプロジェクトの中で、一番大きく変化した水回り。
皆さんも水回りの移動を検討する際は、どういった工夫が可能か
EcoDecoスタッフに聞いてみてくださいね!

(Natsuki)

blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-03-17 20:11 author:ecodeco

関連記事

EcoDeco本の表紙を飾るあのお家で!!セミナー開催☆@体験ハウス
街の顔は、いくつある?
どんな「顔」がお好みですか?〜キッチン編〜

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!