リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

普段は見えないPSとは? vol.2

皆さまこんにちは!
鎌倉在住EcoDecoスタッフのNabeです。

 

ちょっかいを出すシリーズがご好評を頂いているようで、
kobayashiが後ろで「俺をネタにするな!!」と叫んでいるので、
今回はちょっと休憩してこちらのシリーズを。

 

vol.1はこちらから⇒普段は見えないPSとは?

 

PSの説明をしようと思ったら、
すでにokanoが分かりやすい解説してくれてますので、
こちらをご覧ください!⇒物件を読むコツ教えます-vol.1:解体して見えるものを予測する

 

今回はちょいと珍しく、隠す気がさらさらないPSでした(笑)。
そいつがこちら↓

 

P1030030 (1)

 

押入れに隠れているとは言え、隠す必要ある?と言わんばかりのレイアウト。
でも、こういう物件を内見できたお客様はラッキーです。
普段なら隠されている構造の部分を見ることができるので、
次回から図面を見るだけで、リノベしてもここは残るんだなぁと、イメージしやすくなります。

 

そんでもって、よく見てみると、なんか壁の色が違う。。

 

2

 

さらにアップで見てみると?

 

8

 

よく見ると、向こう側の壁が見えてる(笑)。

 

そんでもって壁の裏側はこうなってました。

 

5

 

そう!お風呂だったんです!
この壁の裏側が見えるおかげで分かったことは、
お風呂が移動できそうということ!

 

マンションが建設された当時の、「竣工図」を確認しないと、
お風呂が移動できるかどうか、ハッキリしない物件も多いので、
今回内見した物件は、リノベ向きの極上物件ということです!
(竣工図がラフな時は、解体してスケルトン状態になるまでわかりません。。)

 

PSが隠されていない物件がありましたら、
またみなさまにご報告させて頂きます〜

 

(Nabe)

 

blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-04-13 09:30 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!