リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

床暖房どれにしましょうか?

テーマ:現場

image

「床暖房を入れたい」というご要望を頂くことが多いのですが、
どの種類か?というとことで、
迷われているお客様も多いのでここで一度整理させてください。

 

「なんらかの方法で床下のパネル状(またはシート状)のものを温める」
という基本的な構造は共通です。

 

温水式
文字通り温めた温水を床下のパネルに通すタイプです。
熱源の種類には、ガス、エコキュートなどがあります。階下への漏水を心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、タイプによっては数リットルの水を循環させていて、シーズンに一度補う程度のものもありますのでマンションにあったものをお選び頂くことになります。

 

電気式
ホットカーペットをイメージして戴ければいいかもしれませんね。電気を使って床下のパネルを温める方式です。電気式のメリットを特に実感して頂きやすいのが薄さ数mmのシート状のタイプ。リビングに大きな梁が通っていて床をあまり上げたくない場合などに力を発揮します。

 

さて、具体的に絞り込んでいくにあたって、コストという側面から、見てみましょう。

一般的には…

 

イニシャルコスト
電気式が安い

 

ランニングコスト
温水式(特にエコキュートが安いとされる)

 

と言われています。

床暖房のイニシャルコストをコスト構成する要素としては

 

モノのコスト
床暖房のパネル代
(やや電気式方が高いか)
パネルの入っていない部分の高さ合わせのベニア(シート状の電気式なら不要。)
熱源機
(温水式のみで必要。給湯器と機能を兼用する場合も)
リモコン配線など
(温水式も電気式もほぼ一緒くらいと想定)

 

手間のコスト
施工費用
(やや温水式が高い)

 

上記の熱源機と施工費用の部分が、温水式と電気式のイニシャルコストの違いにひびいています。

イニシャルコストの差額とランニングコストの差額が追いついて来るのはどこなのか?
が気になりますよね。
シンプルに考えると、使う時間が長ければ長いほど、そのポイントが早くやってきます。

 

後は設置面積が広くなると、温水式の熱源機のコストが分散されて、電気式との価格差が縮まってくる傾向があるようです。

 

マンションのリノベーションだと交換するガス給湯器に床暖房の機能を持ったものを選ぶというのも、選択肢として浮上してきそうです。

 

後から入れるというのが、なかなか難しいのが床暖房。
マンションの制約とご自身のライフスタイルに合わせてお選び頂いています。

 

以下にあげるリンク先の情報も参考になさって下さい。

 

エコキュート推奨?の会社のwebサイト
http://fek.jp/select/hikaku.html

 

ガス推奨?の会社のwebサイト
https://enechange.jp/articles/gas-cost-floor-heating#i-2

 

さて床暖房、どれにしましょうか?

 

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-05-03 23:05 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!