リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

内見の時はこんな道具を持ってきます! Vol.1

皆さんこんにちは!
鎌倉在住EcoDecoスタッフのNabeです。

 

EcoDecoのリノベーションコーディネーターは、物件のご案内する際に、
お客様が希望されている間取りやテイストがその物件で実現可能なのか、
現場で判断する為に、様々な情報を読み取らなければなりません。

 

PS(パイプスペース)はどこにあるのか?
お風呂やキッチンなどの水回りが動かせそうか?
壁が壊せるのかどうか?などなど、
チェックポイントを挙げるときりがありません。

 

ちなみに!okanoが物件のチェックポイントを分かりやすく解説してくれているので、
ご自身でもチェックしてみたいという方は、こちらのシリーズをご覧下さい!
物件を読むコツ教えます-vol.1:解体して見えるものを予測する

 

そんな限られた時間の中で、コーディネーターを助けてくれる、仕事道具をご紹介します!

 

まずはこちら!

P1050030
①メジャー

巻尺、スケール、コンベックスなど、様々な呼び名がありますが、
皆さんにはメジャーが、一番馴染みのある呼び方ではないでしょうか?
天井高や床の段差、壁の厚みなどを測る際にも使用するので、
比較的出動回数が多い道具です。

 

ライト_タテ
②ライト

ライトが主に活躍してくれるタイミングは、
ユニットバスの点検孔などを開けて躯体の表情を確認する時です。
具体的には下のような写真を撮影したい時に使います。

 20160423_101719

このアングルを撮影する理由として、
躯体がどのような表情なのか(特に躯体表しをご希望される場合)、
お風呂が躯体やコンクリートブロックに囲まれているかどうか、
という確認の為(お風呂を移動したい場合など)、
天井孔が付いているタイプのユニットバスの場合は、必ずと言っていいほど撮影します。

次回に続きます!

(Nabe)

book_banner600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-05-07 09:00 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!