リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

EcoDeco体験ハウスで暮らしたら…妄想。

こんにちは!Natsukiです。

さてみなさま、
EcoDecoの体験ハウスについてのご紹介は、
もうご覧頂いていますか?
EcoDeco体験ハウス
体験ハウスバナー600_100

既に何組ものリノベに興味があるお客様にお越し頂いている体験ハウス。
Natsukiも何度も足を運んでいるうちに、体験ハウスでの過ごし方も板についてきて(笑)
まるで、実際に暮らしているかのような感覚になることがあります。

たとえば、お客様にお飲物をご用意している時…

R1044045

広〜いキッチンの快適さにしみじみ。。。
そして実際にキッチンに立ってみると、
アイランドになったキッチンの正面が立ち上がっていることで
生活感の出る洗剤や、まだ洗っていない食器が外から見えないことの
ありがたみが実感できます。
お部屋にお友達が遊びにきた時、
生活感のでる物は、なるべく目につかないようにしておきたいですもんね。

そして窓を開けて空気を入れ替えている時…R1044048

R1044102

風にふわっと揺れて、光が優しく通るカーテンにうっとり。
結ぶ紐を変えたり、ちょっとたゆませ方を変えてみたり。
気持ち良い風が抜けるな〜…と思って、ふと気づきました。
「玄関を入ってからリビングまで、ドアが無いから風がこんなに抜けるんだ。」
一般的な中古のお部屋は、玄関を入るとまず廊下があって、
さらにその先を進むと、リビングに入るためのドアが付いていることがほとんど。
そして廊下のサイドには、これまた水回りにつながるドアが付いていますよね。
体験ハウスへお越し頂いた方に、
「このお家、建具が少ないんです。」とお伝えすると、
「あ、、、確かに!!」って、
意外と気付かれていないことが多いんです。
ってことは。
普段当たり前に必要だと思っている仕切りやドアって
実は無くても気にならない、
むしろ、無くすことで開放感がグッと増す鍵なんだと思います。
それも実際に、リノベしたお部屋で過ごしてみたから気付くこと。

そして、体験ハウスからの帰り道…

写真 1 写真 2 写真 3

駅からマンションまでの間にこんな緑溢れる癒しの場所があったら
ついつい気分転換に寄り道したくなりませんか?
そう、駅から少し歩く距離があったって、
それすらプラスポイントになることだってあるんです。
といっても、こちらのお部屋の場合、
二子玉川駅や多摩川駅からもバスで1本だから
その便利さもぜひ知って頂きたい!
多摩川沿いをバスに揺られるのも、気持ちがいいですよ。

このお部屋で感じて頂きたいのは、
「リノベしたお部屋を見れる」という体験だけではありません。
リノベしたお部屋から、「暮らしをリアルに想像する」体験を、
ぜひ味わってみてください♪

(Natsuki)

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-05-12 22:22 author:ecodeco

関連記事

ロフト空間が欲しい☆
【WEBメディア掲載】Style&Deco代表・谷島香奈子インタビュー
EcoDecoの今の思い|おすすめリノベ会社50に選ばれました!

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!