リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

秀和レジデンスってご存知ですか?

テーマ:お知らせ

外観-4 (1)

 

突然ですが、みなさん
秀和レジデンスってご存知ですか?

 

白い外壁に青い瓦屋根の特徴的な外観は、
きっとどこかで見た事があるのではないでしょうか?

 

実は関東近郊にこんなにたくさんあるんです。

 

スクリーンショット 2016-05-14 21.33.35

秀和レジデンス一覧

 

住宅というと、
人間が中で暮らすものだから、
つくるのはやっぱりたいへんな手間なんです。

 

ましてやマンション(集合住宅)ともなると、
文字通り住宅の集合なので言わずもがなですよね。

 

ものすごく手間のかかるものなので
基本的には規格の材料や設備を使って
工程をシンプルにしていきながら、
その中でどうやったらコクのある印象になるかを考えるのが
設計の一つの流れとしてある様に思えます。

 

秀和レジデンスが変わっているところは、
「ちゃんと手間をかけよう!」という
意気込みを感じるマンションだからなのでは?
と考えています。

 

外観-7

 

バルコニーの鉄柵はひねってあったり、カールしていたり…。
鉄扉も上部がアーチ型であったり模様が入っていたり、
工業製品でありながら手工芸の時代を感じさせます。

 

それらがつくるレトロ感が建てられてからの時間の流れと相まって、
反って新鮮な印象をつくっているのではないでしょうか。

 

もう一つ秀和レジデンスが素敵なところは
住み手の方々に愛されているのがにじみ出ているところ。

 

現在大規模修繕工事が行われている、EcoDecoのお客様がお住まいの秀和レジデンスも
外壁のうろこを一度はがして、再度同じ様な模様をつけているそうです。

 

「茅葺き屋根は手間もお金もかかるけど、
やっぱり同じ様に茅で葺き直そう!」というような
心意気を感じます。

 

「秀和とはこうあるべきだ」という意識が
住み手の方々に共有されているからこそに思えるのですが、
これって住み手と建物のとても幸せな関係性ですよね。

 

最後になりましたが
弊社が運営する秀和レジデンスの物件専門の紹介サイト
I LOVE SHUWA SHUWA RESIDENS MANIAのリニューアル作業を
つい先日終えました。

 

webデザインの作業の持つ、
デザインという表面に現れてくる部分と、
プログラムという起る物事の振る舞いや流れを整えていく部分というのは
アウトプットの形は違いますが、
「メインの業務の設計でも同じだなー」とよく考えています。

 

手間ひまを楽しんでいる秀和レジデンスのサイトだけに、
手間ひまを惜しんでしまっては、
我々の「秀和へのLOVE度合いが伝わらない!」と
秀和のディティールを色々なところにちりばめています。
ぜひ探してみてくださいね!

 

I LOVE SHUWA SHUWA RESIDENCE MANIA

 

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-05-14 21:53 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!