リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

定点観測でみるS様邸@清澄白河リノベーション工事ーダイニング編

テーマ:現場

先日オープンルームを開催させて頂いたS様邸。

 

工事の期間は3ヶ月ほど(GW含む)でしたが、
実際に人が暮らす「家」という感じがするのは
本当に完成間際になる数週間だけです。

 

では工事期間のあいだどんなプロセスで進んでいくのでしょうか?

 

今回は定点観測的に解体後から竣工時まで
同じポイントで撮影を続けてみました。
現場の資材があったりして、
毎回同じ場所で採れた訳ではないのですが、
どのように工事が進んでいくか
イメージして頂けるのではないでしょうか?

 

今回はダイニングをご紹介します。

 

 

ダイニング00

解体直後の様子。外壁周りの躯体には断熱のためウレタンフォームが吹き付けられていました。この築年数の物件には珍しいそうです。

ダイニング01

部分的にLGS(壁の下地となる軽量鉄骨)が組まれています

ダイニング02

ほぼLGSが組み終わりました。

ダイニング03

LGS下地の上に石膏ボードが張られました。

ダイニング04

石膏ボードを塗装していくために、ボードの継ぎ目やビス穴をパテで埋めていきます。

ダイニング05

一度目の塗装が終わったところ

ダイニング06

これから張っていくフローリングが届きました。

ダイニング07

真ん中の床の高さの低いところに、床暖房のパネルを敷設します。

ダイニング08

フローリングも張られほぼ完成

ダイニング09

お引渡し時

ダイニング09b

キッチン側

いかがでしたか?
次回は別の視点での定点観測をアップしますので、
そちらもお楽しみに。

 

(kobayashi)

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-06-04 00:15 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!