リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

どんな「顔」がお好みですか?〜キッチン編〜

こんにちは!Natsukiです。

今日はキッチンのデザインについて!

お客様にキッチンについてお伺いすると、
・リビングにいる家族とコミュニケーションが取れるように
・お子様に目を配れるように
・籠る空間ではなく、開放的な明るいキッチンで料理できるように
…などなど理由は様々ですが、
リノベーションの際に、対面キッチンを希望される方が多いんです。

ダイニングやリビングからキッチンを見た時に目に入るのは、
天板下の立ち上がっている部分。
キッチンの印象を大きく左右する、ある意味「顔」になる部分といえるのではないでしょうか?

ということで!
今日は色々なキッチンの「顔」をご紹介しようと思います。

■石盤調の大判タイル

スクリーンショット 2016-06-13 19.54.56

こちらのキッチンの腰壁には、石盤調の大判タイルを使用しています。
壁や天井は躯体現し、フローリングはオークの白染色。
躯体現しによる無骨さや無機質さとの繋がり感は大事にしつつ、
繊細な白染色のオークをぐっと引き締めるタイルの色も、フローリングとの相性◎です。
事例はこちら》》》素材を活かすリノベーション贅沢なプランで快適なバスタイムを

■白の塗装で、壁とひと繋がり仕様に

スクリーンショット 2016-06-13 19.57.11

リビングからキッチンを見た時に、
天板下の壁が白い壁と一続きに見えることで、キッチンそのものの存在感をカバーしています。
さらに手元の立ち上がりが無い分、よりスッキリ、ツルンとした印象に。
生活感がないキッチンを目指したい方におすすめなデザイン。
事例はこちら》》》写真家の自邸リノベーション

■キッチンに憧れのヘリンボーンを

スクリーンショット 2016-06-13 20.02.04
「こんなこともできるんだ!」というデザインの代表事例。
床のデザインで用いられることの多い、ヘリンボーン。
職人さんの手間もかかる分、通常のフローリング貼りよりも費用は高め。
こちらの事例では、キッチンの腰壁部分をヘリンボーン貼りにしています。
部分使いにすることによって、アクセントとしてより印象が際立つかたちになりました。
事例はこちら》》》40㎡の住まいにホームシアターをこだわる男のリラックスハウス

■思い切ってオープンに!魅せるキッチン

スクリーンショット 2016-06-13 19.58.32

こちらは天板下が壁ではなく、オープンな収納になっているタイプ。
お持ちの食器やキッチン用品が「顔」になります。
柱となる部分にはコンクリートブロックを用いており、
鏡面仕上げの天板との組み合わせがスタイリッシュでかっこいい!!
ラフなテイストや、見せる収納がお好きな方に!
事例はこちら》》》ハンモックに揺られる暮らし 思いを詰め込んだ モルタルハウス

キッチンの「顔」には、
お部屋のコンセプトだけではなく、なんだかお客様の個性も集約されているような気がします。
みなさんはどんなタイプの「顔」がお好みでしたか?(笑)

(Natsuki)

もっっっと事例について、リノベーションについて、知りたい!!
そんな方はぜひセミナーへお越し下さい♪
お申込はこちらから》》》https://www.ecodeco.biz/about/event/201606021/
ecodecoevent160625

blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-06-16 19:16 author:ecodeco

関連記事

☆新年初めのセミナーやります!1月9日(土)に開催決定!!
【WEBメディア掲載】Style&Deco代表・谷島香奈子インタビュー
ちょい郊外に住んでよかった!リノベ会社スタッフの家Real Report!【マスコミ掲載relife+】

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!