リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

ちょっかいを出す大切さ vol.3

皆さんこんにちは!
鎌倉在住EcoDecoスタッフのNabeです。

 

リノベーションコーディネイターのNabeは、
席が近い設計スタッフのkobayashiにいつもちょっかいを出します。

 

前回まではkobayashiにちょっかいを出していたNabeですが、
今度はkuwayamaに照準を合わせました!(笑)

 

前回までのブログはこちらから〜
ちょっかいを出す大切さ vol.1
ちょっかいを出す大切さ vol.2(現場出張編)

 

お客様をご案内した際に、気に入った物件があったのですが、
間仕切りが多すぎて、リノベーション後のイメージができない!!
というセリフが頭から離れず、帰社した後にkuwayamaに相談。

 

内見した時の間取りはこちら。

 

スクリーンショット 2016-03-30 11.07.03
この図面は分譲時のパンフレット図面なので、実際のお部屋は反転したタイプです。

3.9畳と4.1畳はとっても狭く、ここはリノベで壁を壊せないと使えないね〜
と、お客様と現地で相談していたので、早速kuwayamaに「ラフなものでいいから!」と図面をオーダー。

「1時間でもらえますか?」という無茶なオーダーにも、すぐに応えてくれるEcoDecoの設計チーム。
彼らがいるおかげで、コーディネーターは物件の管理状態や、本当に心地いい暮らしが実現できるのか、
不動産や物件の状態チェックに集中でき、安心してお客様に物件のご紹介ができます。

そして、Nabeの現地調査をもとに、仮想スケルトン状態の図面を作成してもらった図面がこちら。

パンフレット図面(学芸大学パークホームズ)-1
今回の物件は壁式なので、壊せない壁がお部屋の中央に壁が残ります。

多少のPSは省略しているのですが、スケルトン状態にするとこのような間取りが予想されます。
この状態からどんな間取りにリノベーションで変わるのか、次回までのお楽しみです〜

(Nabe)

soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-03-30 12:34 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!