リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

自然素材住宅で最初の一歩を間違えない「厳選素材住宅論」

自然素材住宅に興味が出てきたら、まずは読んでみてください。
自然素材住宅のホント、プロも知らない裏側、リノベーションや新築に役立つ知識とともに、野山をかけめぐるプライベートも少しお話しします。

>ブロガー情報を見る

狭いマンションに無理に子供部屋をつくると家族団らんが無くなるわけ

テーマ:その他

都心のマンションは狭いものも沢山あります。

そうした限られたスペースのマンションに

無理に子供部屋を設けて

リビングに物が溢れたりしてませんか。

 

そもそも

皆さんの住まいの子供部屋は

どれくらいの広さですか。

 

もしかしてご夫婦の部屋よりも広い?

それとも狭い?

 

あるいは

まだお子さんが小さいからといって

悩みの先延ばししてませんか。

 

限られた広さのマンションなのに

立派な個室を子供に与えると

子供の自立を遅らせる可能性もありますし
そもそも、

家族団らんという家庭のあるべき姿から

だんだんとズレていってしまうかもしれません。

 

 

ある来店者様

 

以前、あるお客様が来店されました。

和室に床下収納をつくりたいが

どれくらいコストがかかりますか?

という質問でした。

 

飛び込みのお客様が少ない当社ですが

僕がたまたまいたのでお話しを聞かせて頂きました。

 

お話しを伺うとおおむね以下の様な内容でした。

 

・新築の60m2マンションを購入(新築工事中)

・ご夫婦と小さい女の子二人の4人家族

・購入した物件には収納が少ない

・完成引き渡しは二年後だがリフォームは

 来年1月までに依頼しなければならない(1ヶ月後)

 

というもの

 

5f93e0f7b55a5df356ffaa2475c1b64b_s

 

なので、

早くプランを考えて依頼しなければならず

とりあえず収納を増やす方法を模索している

ということと

 

新築マンション販売側のリフォームの価格と

世間一般の価格を比較したい

 

というお話しでした。

 

 

そもそも少ない収納

 

ちなみに購入されたマンションの広さは60㎡

収納スペースはわずかに2㎡(畳一帖分程度)。

 

ちなみに

 

一般的な収納の広さは

マンションで7~8%

戸建て住宅で10~15%

 

と一般的には言われています。

 

これでも不足と感じる人が多いのですが

60㎡で2㎡では3%しかありません。

 

そんな事はないとは思いますが、

このようなプランを販売して

リフォームをオプション化している

デベロッパーは追加工事の確信犯

と思われても仕方ありません・・・。

 

 

将来の子供部屋も悩む

 

お話しをつづけていくと

収納もさることながら

将来のお子さんのお部屋を

どこにすべきかも悩まれていました。

 

将来は個室二つをお子様に渡し

夫婦の寝室は4.5帖で考えている

4.5帖部屋にも収納が欲しい

(夫婦3畳で寝る)

 

ということでしたので、

 

 

子供部屋の優先順位は高くない

 

十分な広さのない限られた広さのマンションであれば

お子さんの部屋はなるべく小さく

間仕切りは家具として

最低限のプライバシーを確保する程度で良い

 

とお話しさせて頂きました。

 

親はなぜか子供に部屋を与えると

勉強すると思ってますが

そんなはずはありません。

 

僕は自分の経験から勝手に言ってますが

これを読んでいる方は違うかもしれません(笑)

 

しかしプライベートな空間は

子供の自立の上でとても大切です。

それがないと家庭で根無し草のようになっていまいますと

専門家の外山知徳先生は言っています。

(家族の絆をつくる家 平凡社)

 

最低限のスペースは必要ですが

個室が絶対的に必要かというと

そうではありません。

 

 

子供に個室がかならずしも必要ではない理由

 

子供に個室はかならずしも必要ではありません。

子供が自分の場所であると認識できる「場所」があれば

それで十分なのです。

 

そもそも広さが限られている住まいですし

大切なのは子供の個室がつくられることではなく

家族が団らんで心あたたかく子供が育つことです。

家族の心のふれあいが大切なはずです。

 

理由をあげると以下の内容です。

 

子供部屋が居心地が良すぎると

部屋から出てこなくなるということ。

 

限られたスペースでの優先順位は

子供の個室ではなく夫婦の寝室であり

家族の団らんであること。

 

そもそも家庭での順位は両親が優先であること。

 

家族の団らんが温かければ

子供スペースは机と布団がおければ

個室では無く家具で間仕切った

プライベートスペースで十分です。

 

子供優先の生活をおくると

子供も勘違いしてきます。

 

ここはしっかりと立ち位置を小さい時期から

はっきりとさせることが必要だと思います。

 

もっと狭いスペースで子育てをしている方は

もっと沢山います。

 

子供部屋と収納は広ければ広いなりに

自己主張をしはじめます。

 

限られたスペースの住まいなら

「住まい方」を工夫することが大切です。

 

 

その上でのリフォームのしかた

 

現在、収納が少ないからといって

盲目的に収納を増やすのではなく

子育て時代の子供スペースを

どう確保するのかを考え

 

なおかつ、子供が巣立ったあとに

どういった住まい方をするのか

長い時間軸でおおよそでも考えてみることで

ムダなリフォームをしなくて済むかもしれません。

 

上の子供が大きくなったからといって

個室を与え、次は

「おねえちゃんだけズルイ」

という言葉とともに別の個室も明け渡すはめになり

 

結果的に大切な団らんの場である

リビングに物が溢れ

狭く居心地の悪いリビングに子供はおらず

居心地の良い自室にこもる子供たち。

夫婦は狭い部屋に寝る

 

というのは

どう考えてもおかしいと思います。

 

 

今日の「わかった!」

 

都心のマンションはなかなか

広さ的に満足のいくものを

購入することは難しいと思います。

 

かといって、子供は二人いると

家族も賑やかで楽しいものです。

 

そこで子供部屋を確保すると

3LDKで2部屋を子供に明け渡し

寝室は狭くリビングには物が溢れる。

 

そういった結果を招きかねません。

 

それよりも子供部屋を最小限にして

いつも家族団らんでいられるような

住まいを目指す。

 

ちょっと手狭なマンションは

子供が巣立ったあとには

夫婦にちょうどいいマンションです。

 

子供部屋が居心地良すぎて

今のあなたと同じ年齢になっても

居座られたらどうしますか・・・

 

さあ 今日は編集後記で言いたいことを言っちゃいます!

 

関連ブログ

子供部屋よりも居場所(テリトリー)や間取りが子育てで大事なわけ

子供部屋はいつ与える?役割と時期を考える

子供部屋はどう考える?

子供部屋はどう考える?2

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

一般の建材でリフォームを希望される方が

当社にいらっしゃるのは珍しいです。

 

当社の見積もりには無料ではないからです。

 

でも、

こうした困っているお客様のお話を伺いながら

アドバイスをすることが年に数度あります。

 

本当に市場にもてあそばれているようで

なんとかしてあげたい気持ちになります。

 

結論をいうと、僕がいつも言っている通り

新築マンションを買ってはいけないということ。

 

ご自身のライフスタイル、ライフステージの変化を

長期的にみながら順応できる箱(住まい)を購入し

 

ライフステージの変化とともに間仕切り(住まい方)

の変化までも考えて計画する費用も捻出できる

中古物件を探し活用することが賢明です。

 

新築物件の10%は宣伝広告費

20%はデベロッパーの利益です。

 

新築マンションの価格が急激に下がるのが

新築5年後

そこのタイミングで購入しながら

余った費用でご自身のライフステージを

長期的視点で想定しながら

プランニングをし、リフォーム費用にあてる。

 

せっかく高価な新築マンションを購入したのに

与えられた枠組み(間取りなどの制約)の中で

困惑しながら生きるのは、

やはりおかしいことだと思います。

 

新築マンションを購入するのは

「新しさ」にお金を払っているのです。

そうしたものにお金を払うのは

そろそろ違うと認識される時代になります。

 

僕が不動産業を来年からはじめるのは

こうした業界の矛盾に翻弄される前に

ご縁のある方にだけでもお役に立ちたいという想いがあるからです。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

この記事を著者のサイトで見る

関連記事

谷中の文化複合施設〜萩荘からHAGISOへ〜
子育てママに贈る「自然素材住宅塾」No.1
リノベで実現する洗面所の在り方とは?

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!