リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

自然素材住宅で最初の一歩を間違えない「厳選素材住宅論」

自然素材住宅に興味が出てきたら、まずは読んでみてください。
自然素材住宅のホント、プロも知らない裏側、リノベーションや新築に役立つ知識とともに、野山をかけめぐるプライベートも少しお話しします。

>ブロガー情報を見る

デザインは大事!でももっと大切なこと。

皆さんこんにちは。

 

自然素材・天然素材の老舗

厳選素材住宅の駿河屋 九代目の一桝です。

 

 

リノベが気になり始めると、やはりデザインに目が行きがちです。

 

 

デザインは大切です。なにより日々が楽しくなりますよね。

でも、住宅って、ご存じの通り見て楽しむだけのものではありません。

 

 

せっかくすばらしいデザインで素敵な空間を手に入れたとしても

結露で塗装が浮いて来たり、寒々しかったり、居心地が悪かったら台無しです。

 

なので、住宅のキホンはしっかり押さえてからスタートさせましょう。

 

_J7I3018

 

それでははじめます。

 

 

この数年で、省エネはこれまで以上に切実な問題となっています。
震災や原発事故によって、

原油価格の引き上げに応じなければならなかった時期を過ぎても、

なおガソリンは高いままですね。

 
原因は、世界的自動車保有台数の増加が原因のようです。

 

 

特に中国の自動車保有台数の増加率は高く、

2005年以降、毎年20%前後で上昇を続け、

2012年には1億台を突破しました。

 
アベノミクスで景気は多少良くなったと言われても、

原油価格は下がりません。

 
原油の高騰はあらゆる業種業態を圧迫しますので、

一般家庭にとっても、省エネ対策はますます重要になってきますね。

 

 
さて

 

 

 

住宅の省エネとはどんなものでしょうか。
大きく分けると以下の4つになります。
「断熱化」「高気密化」「設備」「創エネ」

 

 

 

省エネ家電などの「設備」と

蓄電池や発電パネルなどの「創エネ」が注目されがちですが、

 
実は「断熱化」「高気密化」が先でないと

穴の空いたバケツにせっせと水を足している状態になってしまいます。

 
まずは断熱化がとても大切です。

 
以前も高断熱住宅は身体によいということを

ブログやメルマガで書かせて頂きました。

 
ブログ★本当に良い住まいの省エネとは

http://surugaya-life.jp/blog/president/295/

 

 

 

その中でも今日は「窓」についてお話し致します。

 
冬、家から失われる熱の50%、

夏に入る熱の70%が窓からと言われています。

 
窓を複層ガラス(二重のガラス)、

エコガラスなど高性能ガラスにするとともに、

機密性の高いサッシに切り替えたり、

二重サッシ(内窓)をプラスするのもよいでしょう。

 
窓・サッシ製品では、

複層ガラス+LOW-Eガラスを「エコガラス」と呼びます。

 
その品質認定をする「エコガラス制度」、

窓とサッシの断熱性能を一本化した「省エネ建材等級」の二つが、

製品を選ぶ際の目安になります。

 
さらに断熱リフォームは助成金を出している行政もあるので、

是非ご自宅のある行政への確認をしてみてください。

 
千代田区や墨田区では40万~50万円を上限として

助成金を出しております。

 
個別に問い合わせまたはHPで確認してみてください。

 
住宅に付随する機械は故障やメンテの必要性が出てきますし

新しい器機も年々進化しております。

 
「省エネ」と「健康」には「断熱」がとても重要になります。

 

 

 

 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します。

この記事を著者のサイトで見る

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!