リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

ボツになったプランをご紹介 (1)

こんにちわokanoです。
皆さんサッカー観てますかー? テニスも観てますかー?
私、寝てしまってリアルタイムではちょっと、、、

さて、以前セミナーの事をブログに書いた際にちょっと書いた
「ボツになった案」をご紹介したいと思います。

ボツになった理由は人それぞれですが、個人的に良いプランだったなーと
思っていた案をご紹介していきたいと思います。
(もちろん採用された案も良いですよ!!)

通常、プランのご提案の際は3〜5案くらいご提案するので、
あれこれ悩む方もいれば、エリアを分けて折衷案にされる方も
いらっしゃいます。

ポイントはやはり「その間取りで暮らしたら自分達の生活がどうなるか?」を
イメージでるかどうかだと思います。
せっかくリノベーションするのですから、自分らしく暮らしていただきたい!
これからの事をイメージするのは難しいですが、それがリノベーションの
醍醐味でもあると思います。

そんな訳で、今回ご紹介する物件は、、、
・93㎡の角部屋!(3面窓、ベランダは1つ)
・玄関入って左右に部屋がある。
というものです。

既存図はコチラ↓

 

 

キッチン室があり、トイレ&洗面&浴室が1箇所にまとまったプランでした。
床は140mmくらいフトコロがある「2重床」でトイレは床排水。
広さがあるので、いろいろ楽しめそうな物件♪

ご要望は友達を大勢招くので広々リビングと使いやすいキッチン。
それからゴロンとできる畳スペース。
子供室は将来簡単に間仕切れる程度でOK。
そのような感じでした。
ーーーーーーーーー
それでは、採用されなかったプランをご紹介!

まず、1つめはコチラ↓

キッチンをアイランドにして、ダイニングテーブルに続くような家具レイアウトが
でき、料理をしながら一緒にワイワイできそうな距離感のあるプランです。
また、玄関入って正面には畳スペースを設けて、フリーな空間としました。
ミニマリズムに徹しても良いし、キッズスペースとして活用しても
いいかな〜と考えていました。

そして、トイレを寝室側に移動!床排水だからできたことなのですが、
これによって、この畳スペースやキッチンスペースを確保したのです。
んーパズルみないですね。

ダメだったのは、リビングスペースと畳スペースに距離があるから。。。
ワイワイ呑んで、眠くなったら畳で寝ても良し!それのためには
チョット距離がありました、、、ハイ。

続いて、2つめはコチラ↓

キッチンは先ほどと同じくアイランド、その向かいにダイニングテーブルを
配置してキッチン〜ダイニング〜リビング〜畳と4つのエリアを一体とした
大勢の来客でワイワイしても許容できるプランです。
この案のポイントは玄関入って右からリビングに入るプランにしたと
いうこと。これによって、
(1)寝室に入るためには、一度リビングを通らなくてはならない。
→子供が帰ってきたらすぐわかります。
(2)寝室手前に家族のワークスペースを設けた。
→キッチンから子供が勉強しているのを伺い知ることができます。
(3)廊下が少ない
→廊下が少ないので、空間を有効に使えます!

なかなか良いプランだったと思います。
そのために、浴室やトイレを中央に配置したのですが、これがダメでした。
水廻りを部屋の中央に配置するのは風水的に良くないということで、
採用されませんでした、、、、ハイ。

上記プランは採用されませんでしたが、折衷案で部分的に採用され、
最終的には広々リビングでワイワイ。そして、ワークスペースを
設けた楽しいプランとなりました。

採用されなかった案を振り返ると、新たなに発見することもあって
たのしいですね。

またそのうちご紹介します!

okano

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-07-01 11:09 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!