リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

物件を読むコツ教えます-vol.2:マンションにも快適なバスタイムを!

こんにちはokanoです。
前々回のブログで「設備配管(PS)」の見つけ方を書きましたが、
今回はその続きです。

「 PS」はトイレやキッチン、お風呂の排水管がつながる「共有配管」が
あるスペースですが、これの重要なポイントはリノベーション計画の際に
レイアウトに大きな影響を与えるということです。

これは専有部の中にあっても撤去することができないのでそのまま残ります。
つまり、、、

↓ ↓ ↓ ↓

「広い1室を設けたいけど、部屋の中にPSがでてきてしまうー!」という
ことになってしまうので要注意だということです。
「どんな間取りにしたいか?」と、「どこにPSがあるか?」は同時に
考えないと大変なことになってしまうので、販売図面で室内にPSを
発見したらムムッ!とイメージを膨らませてみてください。
ただ、このような制約があったとしてもレイアウト変更はもちろん可能です。

例えば、前回ご紹介したM様邸では「ついつい長風呂がしたくなる
レイアウト」を特徴の1つに挙げていましたが、
何をしたかといいますと、、、

↓ ↓ ↓ ↓

お風呂とキッチンの位置を入れ替えたのです!!
この入れ替えによって「窓に面したお風呂」ができあがり、外を眺めながら
長風呂を楽しむことができるようになりましたー。


(写真がなくてすみません、、、イメージしてください!)

キッチンの排水とお風呂の排水は「雑排水」なので入れ替えてもOK!
(トイレは汚水になるので他の排水管と入れ替えはできませんのでご注意を!)

窓のないマンションのお風呂もリノベーションで開放的なバスタイムを
満喫してもらえます!

 

ただいま進行中のN様邸も窓2面あるお風呂を計画中です♪
完成は来月ですが、完成が待ち遠しい~。


(こちらもスケッチですみません、、イメージしてください!!)

さてさて、次回は設備配管のトイレに関して書きたいと思います。

(vol.3につづく)

okano

エコデコは中古物件の購入から
リノベーションまでをトータルで提供します。

古い物件のリニューアル企画から
仲介・管理を行います。

もぐら不動産

update:2014-03-24 17:02 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!