リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

物件を読むコツ教えます-vol.7:K様邸@中目黒の場合どうだったか?(その2)

こんにちはokanoです。
「物件を読むコツ教えます -vol.7」は物件事例として新たに登場した
「K様邸@中目黒」を題材に引き続き振り返って見たいと思います。

→K様邸@中目黒の物件事例はコチラ

前回のブログでK様邸の販売図面と現況がどうだったかをご紹介しましたが、
K様邸の場合、41.4㎡なので狭いです。
ですから、お風呂やキッチンの位置を劇的に変えるような設備の変更は
行っていません。それを無理に行うとどこかにひずみが生じてしまうので
シンプルに考えることにしました。

そのため、ポイントは2つです。
(1)脱衣室にあった洗濯機置き場をどうするか?
(2)キッチンのレイアウトをどうするか?

まず、脱衣室にあった洗濯機置き場ですが、脱衣室に洗面台を設けたかったので
キッチン側に移動させることにしました。

そして、キッチンは広々ワンルームに回遊できるレイアウトにしたかったので
部屋の玄関側中央に設置することにしました。さらに作業スペースは土間で!


【リノベ前の設備位置】


【リノベ後のレイアウト】

ここで問題になってくるのは「排水」でした。

前回のブログで紹介したように、キッチンの排水はPSのもともとキッチンが
あった側に排水管が出ています。ですので、新たに設けるキッチンもここに
接続しなくてはなりません。
でも、キッチンは土間にしたいので床下に配管を通す事ができない、、
さらに洗濯機は冷蔵庫の横に設置したいから洗濯機からPSまでの排水管ルートを
確保しなくてはならない、、、

ということが課題でした。
排水の事を考えるとキッチンの床も床上げしてフローリングにするのが
ラクなんですが、エントランスから土間でつながっている。
そしてハードに使っても楽しい!と考えて、モルタルの床にしたかったので
今回の排水ルートはこのように考えました!

つまり、

(1)モルタル土間のスペースは配管できないので、収納キャビネットの
足下を配管ルートとして使用する

(2)フローリングの位置を少しキッチンに食い込ませてキッチンの
排水管を通すスペースを設ける

です。これで解決!!
単純なのですが、現場の職人さんにはキャビネットの加工をお願いしたり、
キッチンがぴったり食い込むように微調整してしてもらったりと割と大変
そうでした。


「↑こんな感じです」
黄色:フローリングスペース
水色:キッチン
緑:収納キャビネット

設備のレイアウトを変えようとするときに一番問題になるのは「排水」だと
思います。それをどう処理するかが水廻りのデザインではポイントだったり
するのです。

引渡の時は部屋のサイズに対してキッチンが大きく感じましたが、
実際に引っ越された後はちょうどいい!でした☆


ちなみに、このキッチンですが、IKEAのキッチンを使用しているから
お手頃価格なのです!
それにタイルを貼ったりと現場で大工さんにいろいろ加工をして
もらったのです。

okano

エコデコは中古物件の購入から
リノベーションまでをトータルで提供します。

古い物件のリニューアル企画から
仲介・管理を行います。

もぐら不動産

update:2014-04-01 10:19 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!