リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

リノベでワークスペース/書斎の空間を確保。

こんにちわ、リノベーションコーディネーターのmitaniです。

最近は、将来の自邸をどう作りたいのか妄想する事にハマっています。

そんな中で、意外(?)に重要なスペースでもある「ワークスペース/書斎」。

家ではがっつりお仕事する訳では無いけれど、多忙な人、落ち着いた空間が欲しい

という人は、必須な空間ですよね◎

今日はそんなワークスペースのパターンの一部を、

施工事例と共に見ていきたいと思います。

 

まずは、

◯「キッチンスペースの隣」にあるワークスペース。

団地リノベーション!休日は家でボルタリング。アウトドアを楽しむ家

奥さんが隣で料理を作っているすぐ横でお仕事をするパターン。

何を話すでも無く、でも互いに存在感を常に感じられてとっても素敵ですね。

 

◯「リビング」にあるワークスペース。

狭くてもあきらめない。子育てハウスの間取りとは?!

小さなお子様がいる家庭では、中々仕事場や書斎にに籠って〜なんて事も

出来ないですよね。

なので、リビングの壁面の中に造付けの机と椅子が収納できるスペースを確保。

お仕事や家計簿を付けながら子供にも気を配れます。

(お子様が座っている姿がかわいいですね♪)

↓壁面の扉を閉めればこの通りすっきり見えますね〜。

 

◯「玄関」にあるワークスペース。

3年間新築マンションを探されていたご夫婦の選択は!?

玄関に土間を設けています。お仕事用のPCプリンターなどだけではなく、

趣味のものを置いたりしていますね。

玄関先であれば、視界に誰かが入る事も少ないので、

ちょっと集中したいな〜なんて時はピッタリかもしれません。

 

☆設計のご依頼はコチラまで☆

 

 

ワークスペースや書斎をどこに位置するかで、その家での家族の接し方や

ライフスタイルも変わっていきますね。

常にコミュニケーションを取れる場所が良いのか、静かな場所がいいのか、

例えば臨機応変にオープンにも個室にもできるようなスペースか、

きっとそれぞれのライフスタイルに合ったお気に入りの空間が

あるはずですね!私もたくさん妄想しておかなければ!

 

ちなみに、、、

最近お邪魔させて頂いたN様邸@清澄白河にて設計担当のokanoが気に入っていた

シマウマの椅子。見事に乗りこなしていたそんな一枚。

団地リノベーション!休日は家でボルタリング。アウトドアを楽しむ家

(mitani)

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-07-04 20:39 author:ecodeco

関連記事

無垢の木のフローリングは裏表で肌触りが全く違う「木裏」「木表」の話し
スタッフ自宅リノベ日記□DIY編-2.溶接体験
緑溢れる団地♪「上石神井」で実現するのんびりライフ。

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!