リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

EcoDeco現場レポ:M様邸の工事がスタートしました!

ビギナーのための賢い家のつくり方
中古を買って、リノベーション。】

EcoDeco代表 谷島香奈子+EcoDecoより

「中古を買って、リノベーション。」を出版します!

アマゾン2 amazonで予約ができます。

ーーーーーーーー
こんにちは。
okanoです。先日、新にリノベーション工事がスタートしました!
解体後の現場確認に行ってきましたので、ご紹介です!

タイトル見て「ん?」と思った方、ありがとうございます!
9月にも同じタイトルでブログ書いてるんです。
(9月のブログはコチラ
今回も同じくイニシャルがM様♪

「墨出し確認」というものなのですが、解体した現場を見ると
実際の広さや壁に隠れていたモノがいろいろ確認できて
設計している者としてはとても大切な瞬間なのです。

そして、シュールで格好いい!!
この瞬間がたまらないんですね〜
(そんな写真を見たい方はコチラ

前置きはこのくらいにして、さー紹介です!
今回も格好いいですよ〜


↑床が剥がされ、天井に隠れていたダクトがお披露目です!
天井からニョキニョキ出ている管は電気を配線するための管ですね。
これは壁の中に入っているのですが、壁が無くなったので、丸出しです。


↑丸出しになったダクトは外壁へ。
グルグル断熱材で巻かれた方がキッチンのダクト、その横が浴室&トイレの
換気扇ダクトですね〜。この2つはサイズも違うので、パッと見で判断できます!
(リノベの豆知識ですね!)


↑キッチンがなくなってタイルのみ残った状態。配管も露出です!
壁から出ているのは排水管ですね。予想していた通りの感じで
問題なし!


↑今回の物件はいわゆる「スラブ下配管」なのです。そのため、
上の階の排水管が天井裏に入っています。
過去漏水していた形跡もなく、良好! よかったー。

↑右に見えるのがお風呂だったところ、お風呂はコンクリート壁で
囲まれているので、残念ながら大きくすることができず、、、
そして排水などの絡みで今回のプロジェクトのなかでは一番悩んで
いたところでした。解体して、天井が上げられそうとの事だったので
事なきを得ることができ、良かったです。(マジ、ホントに!)

↑墨出し確認の際は解体後の現場確認の他に、恒例のサンプル確認も
行います。今回のアクセントカラーはブルー、そして木部はオーク!どうなるかは乞うご期待です!!

okano

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-10-21 10:54 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!