リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

分からないときは壊してみよう!

ビギナーのための賢い家のつくり方
中古を買って、リノベーション。】

EcoDeco代表 谷島香奈子+EcoDecoより

「中古を買って、リノベーション。」を出版します!

アマゾン2 amazonで予約ができます。

ーーーーーーーー
こんにちは、okanoです。
突然ですが、先日今設計を進めているマンションの管理人さんに
竣工図を見せてもらいに行ったら「無い」と言われてしまいました、、、プランの計画をする上で現地確認と同じく重要になってくるのが
建築当時の情報が盛りだくさんの「竣工図」を確認すること!
それなのに、その竣工図が無い、、、
そんな訳で、所有者の許可を得て壊して来ました!
(ちょっとだけですが、)余談ですが、用意した物はインパクト、のこぎり、バール、軍手などで
プロ仕様の軍手はあるとすごくいいですよ!知りたかったことは、
(1)キッチンの排水がどこに接続されているのか?
(2)玄関に堅い壁があるけれど、これは壊せるのか?
(3)玄関収納内に段差があるけれど、なぜ?(配管入ってる?)
です。

で、壊しました。

まずは、(1)キッチンの排水を調査

売り主さんからの情報ではコンセントの壁の中にあるとのことでしたが、、、
壁を解体してみるとそんな隙間はない。
この壁裏には排水管が入っていないと判断。
床に穴をあけて、メジャーを差し込んでみると、床下に15cmのスペースが
あることが分かりました。
おそらく、壁の中ではなく、床の下に排水管が通っていてこの付近の
どこかで接続されているのだろうな。と仮設を立てることにしました。
(いろいろ加味して、間違いないでしょう)
次は、(2)玄関の堅い壁を調査
固い壁の横が収納だったので、収納内の天井を解体。
頭が入るくらいの大きめの穴を空けて覗き込んでみると、、、
見えてきたのはコンクリートブロック!
リノベの工事の際に解体できると判断!
今計画している内容のままで大丈夫そうです。
最後は、(3)収納内の意味不明な段差を調査
収納内の床面に穴を空け、そこにのこぎりを差し込んでひたすら切る!
頭が入るほどの深さがなかったので、デジカメを差し込んで撮影。
おっ!何かいる?
ペンライトで照らしながら撮影したら、ニョキっとした物体を発見。
昔の水道管の名残でしょうな、、、
コレを撤去するのが面倒だから収納内に段差を作っていたのかぁ〜
なるほど、なるほど。
と、まぁ〜、机であれこれ悩むより実際に解体するとすぐに分かって
いいですね。やっぱり現場が一番!
okano
 

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-11-11 10:32 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!