リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

毎度おなじみの、壊してみよう!!!

こんにちはokanoです。
設計を進めていた新たなプロジェクトがいよいよ工事着工に向けて
大詰めになってきました!

と、そうなればまずは壊します!! よね!?

毎度の事なので当たり前のようにやっておりますが、設計の初期段階では
まだ所有権が移っていなかったり、設計の打合せのメインが大枠のことだったり
するので、壊す必要がそれほどないのですが、設計終盤になると壊さないと
分からないことも多々出てくるので、マイバールを持参して解体屋に早替わりです!

図面とバールを持って、現場に登場です!

まずは、こちら〜!

設計スタート時からこの梁が低くて気になって仕方なかったのです。
私が立つと、頭がスレスレのような状況、、、、。
ボードで仕上げられているので、躯体現しにすることで少しでも
梁下高さを確保したかったので、どんなもんかを確認してきました。


こんな感じの梁です。
アホ毛が梁に接触しております。



けっこうふかされていました!
横幅は5cmくらい、高さは4cmくらいダイエットできそうです。
スレスレはかなり解消されそうでよかったです。

続きまして、こちら!

さきの梁は構造の梁であることは明白。
なのですが、廊下によく分からない梁が!
なんじゃ?(何か隠しているんだろーな、、)となっていたので、
思いっきり壊してみました。



ビンゴー♪
ダクト管が隠蔽されているだけでした。
露出に決定です!

最後はこちら!

これが一番気になっていたところ。
明らかに意味あり気な感じなのですが、全く意味が分かりません、、、
いろいろ想像してみるのですが、混乱するばかり、、



何にも入ってない!!
マジか、、、、ちょっと期待はずれで意気消沈。
何もなくて何よりだったのですが、、こんな時はなんだかモヤモヤが残ります。

そんなこんなで、不動産の案内や設計初期では調べる事ができない所を
思う存分(?)調べて、リスクを消していく作業。
工事がスタートしてからスムーズに進められるようにこれも大切な作業です。

逆に言うと、こんな事をいっぱい行ってきたから、内見の際に壊せなくても
想像でいろいろお答えできるのだと思います。

リノベ前提の内見ならお任せください!!
設計からのご相談も承ってますよ〜♪

こちらの新たなプロジェクトは、男っぽさもあり、遊びもありの空間に仕上がる予定
なので、ぜひぜひご期待ください。

okano

soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-08-07 11:00 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!