リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

キッチンの作り方〜水栓編〜

こんにちわ。okadaです。

本日はキッチンには欠かせない、キッチン水栓のお話。

キッチン水栓?何でも良いじゃん!
と思ったあなた。キッチン水栓は意外に目立つんです。
というのもアイランド型のキッチンの配列とすると、
キッチンから水栓だけがニョキッと見える訳です。
そして意外に大きいんです。

ということで、弊社事例を織り交ぜながらご紹介。
一番多く目にするタイプはこの水栓かなと思います。


弊社事例ですとこのお宅で使っています!
『リノベーションが二世帯三人暮らしをちょうどいい関係性で繋ぐ』

これ以外にあるの?と思うくらいスタンダードです。潔い感じがします。
さて、このスタンダードを軸に少しづつ変化が出てきます。

Rが取れて少し角張りました。シャープな印象がでますね。
こちら、採用されている事例多数です。

例えば、
『出産・リノベーションを一度に経験!山や自転車、アウトドアを楽しむ家』

他にも
『建築家とリノベしたい!EAST TOKYO 北千住 リノベーションプロジェクト』

どれも良い感じ。
さて、他にも様々な水栓があります。
一番有名なメーカーはグローエ
必ずと言っていいほど候補の一つに上がるメーカーです。
これを抑えておけば間違いは無いでしょう。
こちらの実物を見るには、乃木坂にあるセラトレーディングのショールームが良いです。
グローエ以外のメーカーも置いてます。

さて、選ぶ際のポイントですが、
形状はもちろんの事、スパウトが引出せるかどうかかなと思います。
スパウトとは吐水口、つまり水が出る出口付近。
昔よりもシンクの幅が大きくなる傾向があるので、
これが引出せると、シンクを掃除するとき便利ですよ。

さて、こんなに沢山あるキッチン水栓。
なにか見落としていませんか?

そう、浄水器。
浄水器をご希望されるお客様も多いです。
という事で、次回はキッチン水栓のなかでも、
浄水機能付きの水栓をご紹介します。

(okada)

リノベーションに関するお問い合わせは→コチラ 物件探し、

資金計画に関するお問い合わせは→コチラ

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-07-12 22:51 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!