リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

洗面を脱衣室の呪縛から解放してみる


こんにちわ。okadaです。

前回に引き続き洗面のお話です。
といっても、本日は洗面室の配置のお話。

洗面室は脱衣室になければならない。
と無意識のうちに思っていませんか??
浴室の手前にあってしかるべきもの。

でも果たして本当に脱衣室に無ければならないのでしょうか?
別に脱衣室に無くても良いと思うんです、僕は。
洗面を使うシーンをして思い浮かぶのは、手を洗ったり、
うがいをしたり、歯磨きしたり、寝癖直したり、
女性であればお化粧もするかもしれません。

洗面は、本当に脱衣室に配置する必要ありますか??

ということで、洗面を脱衣室に設けていない事例をご紹介します。

『写真家の自邸リノベーション』


ただの寝室ではないのです。
ベッドの奥をよ〜く見ると洗面があるのです!


こちらがその洗面。
ベッドの脇に洗面があって、浴室まである。
こんな暮らし、素敵ですね〜〜
洗面自体もとてもシンプル。雑味がない!

『好きな器を飾りたい リノベーションで実現したギャラリーのような空間』


こちらのお宅も、良ーく見ると、洗面鏡が!


ということで、ここに洗面がありました〜。
左側の扉が浴室・脱衣室への扉ですので、
洗面を脱衣室の外に出しています。
椅子も置けて、お化粧も出来そうです!

『庭園の緑を借景に ルーバーで緩やかにつながるリノベーション空間』


よーくみると、やっぱりありますね〜


こちらもベッド脇に洗面を。
天板だけの洗面ですが、この天板がとても大きいので使い勝手良さそうです!

と、脱衣室に設けない洗面のあり方をご紹介してきましたが、
共通しているのは、
洗面らしく作らない。こと。

特に、部屋の一部に作る場合は、
その部屋に置かれるモノや、空間の設えと呼応するように作る。
これが大切です。

暮らし方次第、住まい方次第で、
洗面の配置にも囚われる必要はないんですね〜

(okada)

リノベーションに関するお問い合わせは→コチラ

物件探し、資金計画に関するお問い合わせは→コチラ

 

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-09-06 13:12 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!