リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

フローリング選びで雰囲気も変わります


こんにちわ。okadaです。

今回はフローリングのお話。

いつのころからか、弊社専属のカメラマンさんが、事例写真を撮影する際に、
フローリングのどアップを撮るようになりました。

このフローリングのどアップ、本当にみなさんの家で様々。
どんな樹種を使うかもそうですが、
着色はするのか、幅はどうするか、
よーく見てみると個性が出ています。

というわけでまずはこちら。

『新築選びは妥協の連続?リノベーションで納得できる住まいづくり』


こちらのお宅はオークの無垢フローリングです。
が、少しアンティーク調に見えるよう、はじめから加工を施しています。
このオーク材のフローリングが、一番スタンダードだと思います。
というのも、僕が担当した案件のお客様のほとんどがオーク材。
どんな雰囲気にも馴染む、良い意味で個性を主張しないフローリングです。

次はこちら。
『既存の間取りは活かせる!オーダー家具で暮らしにフィットした住まい』


こちらもオーク材のフローリングですが、
幅が250mmと、大分幅広のフローリングです。
そして表面にはハンドスクレイプと言って、
人力でわざと傷を付けて、荒っぽい仕上げにしています。
さらに、無垢のフローリングではなく、3層フローリングです。

3層フローリング??
無垢のフローリングとどう違うの?

違いは、無垢板の厚みです。
無垢フローリングは、その名の通り、全て無垢板。
フローリングの厚みは大体15mmくらいですので、
それがすべて無垢。
一方、3層フローリングは15mmの厚みの中で、
表面(1層目)の3mm程度が無垢板で、他の2層は違う樹種だったりします。
それぞれ一長一短なので、お客様にあったフローリングが良いと思いますよ。

さて、オークフローリング以外を少しご紹介。
『外の緑を感じながら美味しいお茶会を〜ビフォーアフターとともに〜』


こちらのお宅では、ウォルナットを使いました。
はじめから、暗い色味が良い!ということでしたので。
ウォルナット。高級材ですね〜

最後がこちら。
『商店街の真ん中に住もう ブロードウェイでワインを楽しむ暮らし』

こちらのお宅はミモザのフローリング。
若干ウォルナットに似ています。
一番の違いは、心材と辺材で色の差がはっきり出ることです。

ということで、本日はフローリングのお話です。
フローリングを変えるだけでも雰囲気はガラッと変わりますし、
好き嫌いがはっきり出るところですね。

(okada)

リノベーションに関するお問い合わせは→コチラ

物件探し、資金計画に関するお問い合わせは→コチラ

 

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-09-13 20:50 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!