リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

播磨坂沿いのリノベーション 現場に墨を出す

 

解体を終え、次に現場がとりかかるのは「墨出し」

設計図に書いていた線を現場に書き写すような作業です。
原寸大の図面とも言えます。

実は、リノベーションにおける墨出し、とても大切です。

計画していた寸法が取れるのかどうか、
取れない場合はどこでその寸法を吸収するのか。

この現場では、リビングの寸法を確保するために、
20mmほど寝室を狭くしました。

あと、廊下も30mmほど小さくなりました。

このズレは小さい方で、50mmや100mmズレてしまうこともザラ。
解体してみないと、躯体の位置、正確な寸法が分からないためです。


この重要な墨出し。

見ていると、実際の大きさが分かるのですが、
不思議なことに、部屋がとても狭く感じます。

それもそのはず、他に比較するものの大きさが無く、空っぽの状態ですので、
意外に狭く感じます。


こうやって、現場を確認しながら、
どこに扉がついて、家具が付いて、
キッチンがあって、と妄想が膨らみます!

と、床ばかりの写真になってしまいましたが、
ちゃんと現場も進んでいます。

次回は壁が立ち上がる様子をレポート致します。

(okada)

ビギナーのための賢い家のつくり方
中古を買って、リノベーション。】

アマゾン2 amazonで購入ができます。→詳しくはこちら

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-01-17 14:39 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!