リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

播磨坂のリノベーション フローリングを貼り終える

>>>>>>>>>>これまでの播磨坂沿いのリノベーション<<<<<<<<<<

①重要事項に関わる調査報告書は、その名の通り重要です。
②リノベーションがスタート!
③現場に墨を出す
④コンクリートブロックを積む

⑤床下に配管が通る
⑥塗装されて変貌する

播磨坂のリノベーションもいよいよ大詰めとなってきました。
既に現場はフローリングが貼られています。


サンプル通り良い感じの木目と色味。
樹種はオークですが、スモークオークというもの。
ですので、いわゆるオークとは色味が若干違います。
そして幅が200mm近くある、とっても幅広のフローリング。
貼り終えてすぐに養生をしてしまうので、
全貌が明らかになるのは引渡直前です。

どんな感じになっているのかワクワク。


アクセントカラーも塗り終わりました。
濃紺で、とても落ち着いた色。


こちらは玄関。一部壁を掘込むことで、チョットしたモノを置ける様に。
以外に玄関周りにモノが置けるって重要ですよね。


こちらは天井の様子。
溝を掘っている部分に建具が取り付きます。
播磨坂のリノベーションでは、殆どの扉が天井から吊る引戸として計画しているので、
吊りレールの金物を仕込める様にこのような下処理が必要なのです。

塗装もほぼ終り、後は建具や家具を取り付けるという大仕事を残すのみ。
今回は、建具も家具も全てオリジナル。
併せてダイニングテーブルも作ってます。

全貌が待ち通しいですね。

(okada)

ビギナーのための賢い家のつくり方
中古を買って、リノベーション。】

アマゾン2 amazonで購入ができます。→詳しくはこちら

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-02-14 18:30 author:ecodeco

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

勾配天井をマンションリノベで実現。最上階のメリットを活かした住まい。

料理好きの妻は「1日中キッチンにいます!」と嬉しそう。眺望が気に入って購入した物件は、勾配天井にロフトといった最上階ならではの特権によって大きく生まれ変わりました。