リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

播磨坂のリノベーション 風と光を感じる住まい


>>>>>>>>>>これまでの播磨坂沿いのリノベーション<<<<<<<<<<

①重要事項に関わる調査報告書は、その名の通り重要です。
②リノベーションがスタート!
③現場に墨を出す
④コンクリートブロックを積む

⑤床下に配管が通る
⑥塗装されて変貌する
⑦フローリングを貼り終える
⑧家具・建具が取り付き始める

レポートを続けて来た播磨坂のリノベーション。
ようやくお引渡を迎えました。

広々のリビング+ダイニング。
そして、この眺望。
景色も抜けていますね。


ちなみに、ルーバーの間隔は猫が入らない寸法としています。


扉を閉めるとこのように。
奥が寝室。手前が収納。
この収納は、寝室からもアクセスできるウォークスルー収納。


TV台も製作しています
6m超えの幅の広ーいTV台。
TV以外にも小物をディスプレイするのにとても役立ちそう。
方杖を付けて、ちゃんと重さに耐えられる様にしていますので、
試しに座ってみましたがびくともせず。


窓側から室内をみるとこのような感じです。
ダイニングテーブルもオリジナルで製作。


素材を統一出来るというのは、オリジナルで製作するメリットですね。
そして、構造にもよりますが、
思っているほど高く無かったり。

廊下の扉を開け切れば、
バルコニーまでも見通すことが出来ます。

この播磨坂のリノベーション。
一番大切にしたのは、光と風。
マンションの造りが、ホテルの様に共用廊下が内廊下ということもあり、
光も風もバルコニー側から取り入れる以外に方法が無い!
ということで、光や風を少し多く室内に取り入れる為のルーバー。
そしてルーバーというのは、見た目としても光や風を連想させてくれます。
この光と風を少しでも多く感じられるように計画していました。

さて、次回が最終回です。
水廻りの家具も製作していますので、ご紹介しますね。

最後にこちらが玄関土間。


クロスバイクが仲良く並んでいます。

(okada)

ビギナーのための賢い家のつくり方
中古を買って、リノベーション。】

アマゾン2 amazonで購入ができます。→詳しくはこちら

 

 

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-03-14 18:09 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!