リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

【茗荷谷リノベーション】部分リノベーションでココまで変わる! vol.3

>>>>>>>>>>これまでの茗荷谷リノベーション<<<<<<<<<<<

①部分リノベーションでドコまで変わる?
②部分リノベーションの解体現場
③塗装で雰囲気を変える
④佳境に入る現場
⑤部分リノベーションでココまで変わる!vol.1
⑥部分リノベーションでココまで変わる!vol.2

こんにちわ。

これまでは、廊下と洗面室のお話でしたが、
本日はリビングダイニングと、メインのお部屋をご紹介。

部分リノベーションと思えないくらい間取りが変わっています。
ということで、リノベーション前とリノベーション後で比較してみましょう。

同じ部屋とは思えないですよね。

一番大きく変えた事としては、
1LDKという間取りをワンルームにしています。
但し、ワンルームの中に、ルーバーの壁を作る事で、
寝室とリビングダイニングに緩い境界を作っています。

46㎡という、限られた面積。
でも寝室は分けたい。そして角部屋ならではの3面開口から光や風を取り込みたい。

これを解決する手段としてのルーバー壁。
光も風も通しながら、
柔らかく部屋を仕切る境界。

ちなみに収納は壁一面にしています。
ウォークインクローゼットのパターンも考えましたが、
ウォークする面積がどうしても勿体なくて。

3600mmの幅の収納。
天井目一杯まで扉を作っています。
これが、扉ではなく壁に見えるので、存在感もありません。

このように、46㎡の部分リノベーションでも、
やりたい事、生かしたい事を明確にしていけば、
気持ちのよい暮らしが叶えられるのです。

(okada)

blog_case49_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-07-02 10:29 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!