リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

☆事例公開☆ 運河に浮かぶアートディレクターの家

こんにちわ。

お引渡から1年半。
ブログにも取り上げさせて頂いていたお宅の事例を公開しました!

【運河に浮かぶアートディレクターの家】

ということで、ページ数の関係上、事例ページでは取り上げられなかった住まいの様子をいくつか。

こちらが玄関。
正面は鏡面となっていて、マンションの玄関が持つ、狭くて暗い印象とは大分違います。
そして、このスツール。
国立競技場で使われていたシートを活用したスツールとのこと。
既に販売は終了しているなかなかレアなアイテムです。
羨ましい!

玄関から続く本棚。
バルコニー側の壁を鏡面としているので、
ドコまでも続く本棚のように感じますね。

この本棚の上には色んなものがディスプレイされています。
このディスプレイの仕方もなかなか面白くて、一定の距離を取って、リズミカルにモノが置かれているんですね。

洗面から見るとこんな感じ。

そしてキッチンはこちら。

炊飯器や電子レンジは右の収納の中に仕舞われていて、
収納の上はディスプレイするスペースとして使っています。

こちらは洗面兼脱衣兼トイレ。

水槽の光がキレイで、トイレとは思えない様な演出。
トイレの後ろにはしっかり絵が飾られています。

そして、洗面兼脱衣兼トイレに開けられた開口。

開口の小口を鏡面とすることで、色んな風景が写り込んでいて、
とても不思議な感覚になります。

普通のお宅と決定的に違うのは、
ダイニングテーブルもソファもなくて、
パーソナルチェアとローテーブルのみ。

ちなみに、1年点検時にTVを壁掛けにしました。
白い壁にドンとTV。
その下には玄関から続く本棚。

部屋を仕切る扉がないというとても大胆な造り。
人によっては抵抗がありますが、
W様にとってはとても快適ということでした!

インタビュー内容も、これからリノベーションされる方にとってもとても参考になる事が多いので、
是非ご覧ください。

【運河に浮かぶアートディレクターの家】

(okada)blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-03-19 13:42 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!