リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

アートのある暮らし(1)

こんにちはokanoです。
先日、久々に表参道を歩いていたらアニエスベーの
ガラスがすごいことに!!!


「すげー落書きされてんじゃん、、、」なんて思いきや
実はこれ、期間限定でやっている展示らしいのです。
もうびっくりです!
http://agnesb.co.jp/graff/

グラフィティアーティストの作品とは知らず、ついつい
写真撮っちゃいました。
で、思ったコト。

「商業ではなく、住宅でももっとこんなことすれば良いのに!」

住宅の設計をやっていると当然「壁の仕上げ」も重要で
部屋の雰囲気を「アクセントカラー」とか「タイル貼る」とか
考えて提案したりしていますが、「直接壁に絵を描く!」という
のもアリだと思います。

自分の家なんだからそこは自由ですよね!?

キレイな状態で住み続けてもらうことも嬉しいことなんですけど、
自由に絵を描いて楽しむというのも、設計に関わる側としては
これまた嬉しいなぁ〜と思います。

アリだと思いませんか?

塗装の壁なので、失敗しても飽きても塗りなおせば元に戻りますし、
暮らしながら家をカスタムしていく事、育てていく事は
とても素敵なことだと思います。

海外のホテルですが、ACE HOTELにはそんな客室があって
格好いいですよ。
http://www.acehotel.com/


部屋のスパイスになっていて良いです!
ここまでの力作を仕上げるのはアーティストに依頼しないと
難しいかもしれませんが、ちょっとした「落書き」ならできるかも。
そんな気がします。
興味のある方は是非ご自宅でチャレンジしてみて下さい!

余談ですが、グラフィティアートで私が好きなのは
ベタかも知れませんが、やっぱり「Banksy」ですね。

http://banksy.co.uk/

バンクシーはロンドンを中心に活動する社会風刺的グラフィティアーティストで、
世界各地にゲリラ的に素敵なストリートアートを描いているんです。
彼の落書きはオークションで1億円の値が付くほど!
その素性は明らかにされていませんが、彼の作品からはいろんな事を考えさせられます。
興味ある方はぜひ本屋さんへ。

okano

blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-06-17 11:02 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!