リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

アートのある暮らし(2)

こんにちわokanoです。
前回に引き続き「アートのある暮らし」について書きたいと思います。

過去にはtanakaのブログでも「アート」に関して書いたいますが、
このアートというもの、決して敷居が高いものではないと思います。

「アート」なんていう表現しちゃうからダメな気もしていて、
「部屋をしつらえる」という視点で「好きなものを飾る」という考え方で
皆さん自身の部屋を楽しく作り込んで頂けるといいな〜と思ってます。

何しても良いんです!
賃貸じゃないんだから、自由なんです!

<前回のブログ>
アートのある暮らし(1)

<tanakaのブログ>
有孔ボードの魅力!
グラフィックを飾って個性的な空間に!
物件の事例の中で 気になるアクセントカラーについて!
アートのあるリノベーション空間のご紹介

リノベが完成してから、住まいながら付け足していき、個性ある
住空間に育てていってもらうことは設計の立場としてはとても嬉しいこと。
でも、そのためにはリノベの設計中に「この壁は玄関から歩いてくると
ちょうど正面にくるので、飾りましょう!」とか「ここは“受けの壁”に
なるので何かしましょう!」とかという話をしたりもしています。

そして、アクセントカラーを採用したり、有孔ボードの仕上げにしたりと
全体の雰囲気を崩すことなく、より個性を出してもらえる“しかけ”を
設計することも!(照明計画もその1つだったりしますね)

⇒天井邸の寝室に入る動線も正面に“受けの壁”があり、ディスプレイの
場所として機能していますね。


⇒N様邸では気分で自由に掛け替えできるように「有孔ボードの面」を
エントランスに設けました。

この他にも“アクセントカラー”や“ニッチ”など「部屋を飾る」ためのヒントは
物件事例から見つけることができるかと思いますので、皆さん、そんな視点で
事例を見てみるのも面白いと思います!

>>物件事例はコチラ<<
blog_case47_600_100

自由にカスタムしてもらいたい!!
と思っているのですが、アートのある暮らしを実現させるためのポイントは、

・住んでから気付く、その場所の持つ“雰囲気”を活かすこと

・家具などを配置した後に生まれる“余白”を愉しむこと

・設計中の段階で雰囲気作りのための“しかけ”を考えておくこと

この3つだと思います。
それぞれがリンクしてくるかと思いますが、この「雰囲気/余白/しかけ」を
生活の中で見つけて、チャレンジしてもらえると嬉しいです。

難しいことはありません!!(きっと、、、)

例えば「植物を置く!」これだけで部屋はグッと良くなったりしますよ!


今の季節、植物が元気で気持ち良いですから、ちょっとしたコトで
毎日が特別に感じられるのも植物の魅力ですよね☆

そんな植物ですが、私のオススメは「1012TERRA」というブランドです!
https://1012.stores.jp/#!/



植物をアートとして観賞できる逸品!!!
これ1つでグッとよくなる気がします!

※今二子玉川の高島屋で展示会もしていますので、興味ある方は是非〜☆

【イベント情報】
「SHAPE OF PLANTS 植物のかたち」
会場:THE SALOON
住所:東京都世田谷区多摩川3-17-1
玉川高島屋ショッピングセンター本館2階ベイジ内
会期:6月19日~28日
時間:10:00~21:00

okano

soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-06-25 12:45 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!