リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

路線価が発表されましたね

こんにちは、okanoです。
先日「路線価」が発表されましたね。

この「路線価」は毎年7月1日に国税庁から発表される土地の評価額で、
相続税や贈与税を計算するための課税価格を計算する基準となるものです。
(相続税路線価とも言うそうです)

※EcoDecoのお客様にとってもっと関わりのあるものとしては、
固都税や不動産取得税、登録免許税の算出基準となる「固定資産税路線価」が
ありますが、これとは別の評価額です。
(固定資産税路線価は3年に1度見直しがされるそうです)

さて、この「路線価」ですが、全国平均では7年連続の下落。
全国平均でみると、昨年よりも下落率は改善しているようですが、
人口減の目立つ秋田や島根、佐賀の下落は続いているみたいです。

これに対して、東京、大阪、名古屋などの大都市や復興需要がある宮城や
福島などの10都府県では昨年よりも上昇。
東京オリンピックや震災復興、海外からの投資などさまざまな要因で
アップしたと考えられているそうですが、人口の増減や土地の価値など
日本の中で二極化が進んでいるのが数値で実感できる発表でした。
んー、、、悩ましい問題ですね。

EcoDecoのある東京首都圏では、オリンピック景気や金融緩和や住宅ローンの
低金利などなど、そして都心の方が便利ということでこれからも当分は
集中的に上昇していくのでしょうね。(おそらく)

また、土地の評価としては「路線価」の他に、「地価公示」という
ものがあります。
この「地価公示価格」は国土交通省の土地鑑定委員会が選定した基準値の
1月1日時点の価格を判定して、毎年発表する価格で、土地取引価格の
指標などとして毎年3月に公表されているのもです。

この地価公示でも東京都全23区で2年連続でプラスで、その変動率も
昨年の1.8%から1.9%となったそうです。

東京都によると、地価動向の要因と背景は、

「東京都における住宅の取引は、消費税率引き上げや建築費上昇などの
反動要因はあったものの、引き続く景況感と、低金利や住宅ローン減税の
拡充、すまい給付金の導入など住宅取得支援政策・制度の下支えを受け、
堅調を維持した。」

「特にマンション販売は、景気回復や円安・株高を背景に、都心部の
富裕層向け高額マンションの需要が強いことに加え、中央区、江東区等の
湾岸エリアでは、オリンピック・パラリンピック開催に伴う交通インフラや
町並み整備への期待がマンション需要増の要因になっていると考えられる。」

とのこと。

消費税が10%に引き上げられる予定ですが、マンションの個人間売買は
非課税なので、これからオリンピックまでは中古マンションの価格は
上昇傾向になるのでしょうね。(きっと)

毎日物件を探していると、「昨年より高値がついてるな〜」とか
「強気の価格設定だな〜」と思うこともちらほら、、、

皆さん、物件購入は賢く計画的に進めていきましょう!!
EcoDecoがしっかりサポートしますよ☆

okano

soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-07-03 13:49 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!