リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

物件を読むコツ教えます-vol.11:天井のいろいろ教えます!

こんにちはokanoです。

すっかり秋ですね〜。
そしてもうすぐリノベEXPO首都圏が始まりますね〜。
リノベーションの知識を蓄えて、みなさんにとって理想の住まいが実現できるように
いろいろと見知を広げて頂ければと思います!

EcoDecoのブログはリノベーションの見知を広げていただける情報源としても
スタッフみんなでいろいろなコトを書いていますが、今回のブログは以前10回に
分けて書いていた「物件を読むコツ教えますシリーズ」の追記です!(再開です!!)
※月末にはセミナーも開催しますので、皆さんぜひご応募ください。
(両日とも席はもう少し余ってます!)

セミナーの詳細はコチラ⇒セミナーご案内のページへ
過去のセミナーレポートはコチラ⇒イベントレポートのページへ

ーーーーー
さてさて、今回は天井についてです。
先日新たに工事スタートした物件の解体後の現場に行ってきたのですが、
解体後の表情って解体しないと分からないですよね。
でも、ちょっとした知識があると解体しなくても解体後の表情がなんとなくイメージできるので、
それについて書きたいと思います。

まず、皆さんに知っておいてもらいたいコトは「天井の仕上げには2種類ある」というコト!!
それは「直天井」と「二重天井」と言われるものなのですが、何が違うのか!?
皆さんご存じでしょうか?

「直天井」とは、コンクリートの天井面に直にクロスを貼ったりして仕上げている状態のこと。

「二重天井」とは、コンクリートの天井面に天井組みをして、少し下げたところに仕上げ面を
設けている状態のこと。
(天井組みはLGSと言われる軽量鉄骨組みや角材を使用した木組などがありますが、この骨組みに
ボードを貼って仕上げ面をつくり、電気線などを通す天井裏スペースを設けている状態です。)

下の現場画像を見てもらうと分かりやすいかと思います。

※この物件の完成事例はコチラ⇒U様邸@等々力


※この物件の完成事例はコチラ⇒M様邸@小岩

こんな感じですね。
リノベーションの場合、この二重天井を解体してスケルトン状態とすることで、天井裏スペースがなくなり、
その分天井高さがアップするということになるのです!

※この物件の完成事例はコチラ⇒N様邸@清澄白河

物件によって違いはありますが、約10cm〜15cmくらい高くなるケースが多いですね。
(「N様邸@清澄白河」の物件も天井をスケルトンにすることで14cmアップしました!)

ちょっと余談ですが、先ほどの画像中に「断熱材」と書きましたが、最上階の部屋の場合、
上は屋上となりますので、天井を解体すると断熱材が出てくるケースがほとんどです。
(外断熱している場合は別ですが)


※この物件の完成ブログはコチラ⇒K様邸@南青山

このような場合はスケルトンのままにすることは難しいので、解体後に新たに天井組みをして二重天井を
新設する必要があります。
ですので、スケルトンで天井を高くしたい!!という方は最上階物件は避けた方がいいですよ。


では、ここからが本題です!
今回解体後の現場を見てきた物件ですが、もともとの状態(リノベ前)はリビングの横に和室がある
物件だったのです。それをリノベーションで和室をなくして広々リビング空間にする計画です。

平面で説明すると、、、

これが、、、

こんな感じです。



リノベ前の室内の様子はこんな感じでした。
そして、ポイントは「リビング側は直天井」「和室は二重天井」ということです。

直天井の場合、先ほどの画像からも分かりますが、直接クロスを貼っているので面をフラットにするために
モルタルで薄塗りがされています。逆に、二重天井の場合は躯体の下に仕上げ面を設けるので、
コンクリートはそのままです。

今回のプロジェクトの場合、この直天井のエリアと二重天井のエリアが1つの空間として計画されたため、
2つの異なる躯体天井面が出現し、混在するということになるのです。

解体後の様子はどうだったかと言いますと、、、

こんな感じでした。
二重天井だったリビング側の画像なので、フラットな天井が見えますが、手前側はもともと二重天井の
和室だったので、ちょっとザラザラした感じになってるのが分かるかと思います。


見上げてみると、、こんな感じなのです。


(接写した様子)

もともと2つの異なる空間だったという歴史が残っている状態ですね。
これもリノベの醍醐味!!
これをどう活かすか!というコトを考えるのもまた楽しいですね〜♪

実際にその空間にいるとそんなに違和感ないですが、気になるなぁ〜という方はこれもまた
チェックポイントとして知っておいてもらえると良いのでは!?と思います。

okano
☆☆ 今までのシリーズもぜひぜひ読んで見て下さい!!☆☆

======物件を読むコツ教えます 目次=============
物件を読むコツ教えます-vol.1:解体して見えるものを予測する
物件を読むコツ教えます-vol.2:マンションにも快適なバスタイムを!
物件を読むコツ教えます-vol.3:トイレの位置変更は難しい、、、なぜか?
物件を読むコツ教えます-vol.4:キッチンは排水と排気が決め手(その1)
物件を読むコツ教えます-vol.5:キッチンは排水と排気が決め手(その2)
物件を読むコツ教えます-vol.6:K様邸@中目黒の場合どうだったか?(その1)
物件を読むコツ教えます-vol.7:K様邸@中目黒の場合どうだったか?(その2)
物件を読むコツ教えます-vol.8:解体後の壁は表情豊かですよ!
物件を読むコツ教えます-vol.9:構造も部屋の雰囲気には重要!
物件を読むコツ教えます-vol.10:室内設置の給湯器にご注意!

==================================

blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-10-15 20:54 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!