リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

団地リノベがスタート(再開?)します!

こんにちはokanoです。

先日リノベーションの状況確認で草加市にある団地へ行ってきたのですが、
実はこの団地、1年半前に現地確認で行ったことがあるのです。

1年半前というと2014年の夏です。
その当時、団地に住んでいる方からリノベーションの問合せがあり、
リノベーションのプランの提案をしたり打合せ初期段階だったのですが、
設計を進める上で排水関係の問題がありました。

そんな中、この団地で大規模修繕を実施する予定があり、その工事の
メインとして排水問題を直そう!というなんともタイムリーな話題が
あったのです。

そんなこんなで、大規模修繕が完了してから仕切り直し!ということとなり、
今まで1年半寝かせ続けていたわけです。

※詳しい内容は過去のブログをご覧下さい。
>>団地に癒やされてます
>>とある団地の大規模修繕の実状
>>お風呂のハードル

ーーー
1年半振りに訪れた団地は冬だったので木々は緑でワサワサしていませんでしたが、
広大な土地にドーンと並んでいて「ザ・団地☆」という佇まいは変わっていませんでした。

そして、大規模修繕が終わった後なので以前よりもキレイ!
というよりも窓が全部新しくなってる〜!!
(助成金が出たのでサッシは全て高性能なタイプに交換したそうです)


さらに耐震補強まで。さすが総戸数が違いますね!


新しくなったところはありますが、団地の特徴でもある「壁貫通型の給湯器」は健在でしたね、、、。

とまぁ〜、しみじみしながら訪れた団地リノベーション!
制約事項をどうやってクリアしながらリクエストにお応えできるか!?
楽しみです♪

※ちなみに室内はこんな感じで、リノベのやり甲斐がある状況!
(たまりませんね〜)

(窓サッシだけが新しい!)



(恒例の団地のお風呂!)


(現地確認ということで、お客様自らキッチンを移動してくれていました!)

んー楽しみです☆

okano

blog_case47_600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-02-28 18:57 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!