リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

3世代をつなぐ団地リノベーション:現場で打合せ!

こんにちはokanoです。

4月に、プランニングを進めています!とブログを書いていた「団地リノベ」ですが、
もうあれから2ヶ月が経ったのですね。
本プロジェクトは工事着工という段階まで煮詰まってきているところですが、
現状としては素材や収納のコトなど詳細の部分に視点をクローズアップさせて
現在進行中です!!

そして、仕上げなどは、光の当たり具合などもあるので、現地にサンプルを持ち込んで
吟味したりもしているところです!

というわけで、現状の現場を画像でご紹介で〜す!


以前もブログで室内の様子を書きましたが、リノベの調査のために部分的に解体された現場。
そこに床材の候補をずらーっと並べて雰囲気の確認です。


こちらはレンジフードのダクトの出口。
今のダクト管はΦ150の丸いタイプなのですが、古い団地なので、昔はここに
プロペラファンが直付けされていたのですね。
こんなところにも時代を感じてしまいます。


畳を剥がして、下地の木組をチェックしたところ。
釘で組まれていますが、床鳴りの原因になったりするので今はもう釘を使うことは
ないですね。


リノベで室内はスケルトン状態にする予定なので、今はDIY工房と化している現場。
今回のリノベでは棚などをDIYしてもらう予定なので、その実験室ともいえる状況。
楽しそう♪


こちらは2回目の訪問時に持ち込んだタイルのサンプル達!
キッチンや洗面にタイルを使用することになったので、釉薬の雰囲気の良いタイルを
いくつか持って行ってサンプル確認です。
(どれになるのでしょうか??)


現地にお伺いした際にお客様の方から出てきたフローリングサンプル達。
実際にフローリングメーカーに訪問し、裸足で実際の肌触りや色感を確認して
選んで来られたとのこと!
DIYといい、ショールーム巡りといい、行動力のあるお客様なのです。


昔からチェリーの家具がお好きで、キャビネットやテーブルは全てチェリー材の家具で
統一されているので、今回製作するキッチンなどもそれに合わせてチェリー材の面材に
する予定。
持って行ったサンプルと実際の家具の色味はバッチリでした〜!!


フローリングとチェリーの面材が決まったので、あとはそれに合わせるタイルと壁の塗装色を
決めるのみ!
タイルの選び方ひとつで、部屋の雰囲気は大きく変わりますので、楽しみです!!

とまぁ〜現場はこんな感じです。
「そろそろ夏だなぁ〜」というノリで「そろそろ工事着工だなぁ〜」という
雰囲気になってきた頃ですね。
きっと暑い夏になりますよ!!!!!

okano

※過去の内容は下記のブログをご覧下さい。
>>3世代をつなぐ団地リノベーション:プランニング進行中!
>>3世代をつなぐ団地リノベーション:プランの検討中!
>>3世代をつなぐ団地リノベーション:スタート(再開?)します!
>>団地に癒やされてます
>>とある団地の大規模修繕の実状
>>お風呂のハードル

soudan600_100

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-06-12 20:06 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!